サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > 【今月の教訓】火をつけるのは食欲とハート...
連載
脱力・ニュースジャパン

【今月の教訓】火をつけるのは食欲とハートだけに

+お気に入りに追加
1108_datsuryoku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 学生時代、福岡出身の友人の下宿で飲んでいて、箱入りの明太子を出されたことがある。こりゃいいツマミだとチビチビつついてたら、その友人はおもむろに一本丸ごとむんずとつかみ、ほんの二口ほどで食ってしまった。一瞬、目を疑ったが、そいつは平気な顔で酒を一口、そしてまた新たな明太子にかぶりつく。その食いっぷりたるや、まるで「うまい棒」でもかじるかのよう。自分の中の明太子観が音を立てて崩れると同時に、福岡人の明太子好きを思い知らされた出来事であった。

 なんでそんなことを思い出したかというと、【記事A】のせい。羽田空港でタクシー代の借金名目で金をだまし取ろうとした無職の男(64)が逮捕された。そのだましのエサに使ったのが、なんと明太子だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ