サイゾーpremium  > 連載  > 脱力ニュース・ジャパン  > [今月の教訓]自衛隊員だって怖いものは怖...
連載
脱力・ニュースジャパン

[今月の教訓]自衛隊員だって怖いものは怖い

+お気に入りに追加
1106_datsuryoku.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

 源発事故に関するニュースは、もうすべてが脱力の嵐である。汚染水漏れを止めるのにおがくずだの新聞紙だの、ボロ家の雨漏り対策か。そもそも水かけて冷やすってところからして原始的っつーか、キャンプに持ってったスイカじゃないんだから。

 事故どころか核廃棄物の処理や老朽化も"想定外"な原発というシステムは、経済的に見ても明らかにトータルでマイナスな前世紀の遺物。それでも78歳の石原慎太郎や92歳の中曽根康弘なんかはいまだに"夢のエネルギー"と信じてるわけだけど、まだまだ人生残ってる人間にとっては、「勘弁して!」って話である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ