サイゾーpremium  > 特集  > ポスト益若つばさ探しにメディアは必死! ...

――2010年にギャル雑誌とモデルを中心としたギャルカルチャーが盛り上がりを見せた後、それに続いて、「青文字系」と呼ばれるカジュアル系ファッション誌の読者モデルたちが台頭してきている。いわゆる"モデル"とは異なる彼女たちが注目されるのはなぜなのか?

1105_komori.jpg
益若つばさと並んで2010年にメディア露出を増やしたギャルモデル・小森純。現在も「Popsister」(角川春樹事務所)などで活躍中。

 2010年は、益若つばさや小森純といったモデルを旗頭に、「ギャル」が何かと注目を浴びた。90年代のギャルブームとはまた違う、「等身大」「堅実」「意外と暗い」というような彼女たちのあり方が注目を浴びた面は大きいが、この盛り上がりを印象づけたのは、彼女たちのようなギャル系モデルが、主戦場だったファッション誌を飛び出して、バラエティ番組やさまざまなイベントに登場するようになったことにあるだろう。
 
 益若や小森のもともとの肩書は「ファッションモデル」。しかし、益若は身長150センチ、小森は158センチと、およそモデルとは言い難いスタイルの持ち主だ。彼女たちのキャリアのスタートは雑誌だが、モデルクラブ(モデル専門事務所)に所属してデザイナーやブランドと契約を交わすプロフェッショナルモデルとは異なる、「読者モデル」通称"読モ"と呼ばれる存在だった。フリーターや学生、あるいはOLなど、その雑誌の読者層と同じような肩書を持って誌面に登場し、一般読者の代表としてリアルなファッションを見せる――それが"読モ"だ。例を挙げれば、雑誌「小悪魔ageha」(インフォレスト)のモデルが一番わかりやすいだろう。同誌はキャバクラなどで働く女の子を主な読者層に持つが、その誌面に登場するage嬢と呼ばれるモデルたちも、夜の仕事に就いている子がほとんど。つまり、age嬢は"読モ"なのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』