サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 『仁-JIN-』の最終巻は技巧の光る大団...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第10回──【COMIC編】

『仁-JIN-』の最終巻は技巧の光る大団円か? それとも白々しい幕引きか?

+お気に入りに追加

──趣味の細分化が進み、ますます男女の垣根がなくなりつつある"マンガ"。いくら売れなくなってきているとはいえ、マンガ大国日本の底力は健在です! 何を読んだらいいかわからない? ならばまずはこれを読め!

2011年4月号 COMICクロスレビュー

■『幕張』作者のアルティメット格闘モノ

1104_kenka.jpg

『喧嘩商売』(24巻)
作/木多康昭
掲載/「週刊ヤングマガジン」(講談社)
価格/560円 発行日/2月4日
古武術を学び、喧嘩に明け暮れる高校生・佐藤十兵衛と、彼のライバルや師匠ら周囲の人間各々の戦いと事情を、『幕張』『泣くようぐいす』同様、作者お得意の毒の強いギャグを交えつつ描く格闘マンガ。ヴァーリトゥーダー・田島が、自らの最強を証明するために仕掛けたトーナメントへ参加する面々たちの背景を描き切った今巻で第一部が完結。


【批評家・宇野評】
★★★★★★☆☆☆☆
「何でもアリ」の快楽を、もっと!
テーマであるルール無用の「喧嘩」とは「面白ければなんでもよい」という思想に貫かれており、これはギャグ作家・木多の思想そのものでもある。作者の中では、過去作と本作はそれほど離れていないはず。問題はむしろギャグの洗練に比して登場人物の過去話がすべて似通っているなど、エピソード処理の甘さだろう。20巻以上かけてあのぎこちない絵で独特の質感を構築しつつあるのは評価できる。「なんでもアリ」の快楽をもっとアクションにも生かせれば。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報