サイゾーpremium  > 特集2  > オオルタイチ──地元と東京、CDを絶対視...

1101_orutaichi.jpg
(写真/早船ケン)

──宅録のカセットから始動したこの音楽家は、今や拠点・大阪の圏域を越え、海外の実力派ミュージシャンや音楽外のアーティストとの共演が相次ぐ。その道程は、いかなるものだったのか?

 さまざまなジャンルのサウンドを横断しながら、唯一無二のポップ・ミュージックを追究する大阪在住の音楽家・オオルタイチ。現在、自主制作で楽曲を発表しながら、音楽を専業にして暮らしている。ここ数年は、海外のダンス・ミュージック・レーベル「Bear Funk」から12インチ・シングルをリリースし、コンテンポラリー・ダンサーの康本雅子とコラボレーション・ライヴを2度にわたって行うなど、多彩な活動を繰り広げている。そんな彼も、最初の作品発表は90年代末に遡る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ