サイゾーpremium  > 特集2  > 友川カズキ──歌と絵、そして競輪で食う!...
第2特集
ミュージシャンが「音楽で食う」方法【6】

友川カズキ──歌と絵、そして競輪で食う! "デタラメ"に歌う60歳のギャンブラー

+お気に入りに追加

──「音楽で食う」というのは、ボロ儲けすることではない。博徒に見えようが、表現活動を継続できればそれでいい。いや、むしろそんな無頼の生活こそ、彼の音楽を40年間支えてきたのだ。

「あ、(石井)モタコ! 私はオシリペンペンズのファンなんですよ」

1101_tomokawa.jpg
(写真/早船ケン)

 本誌12月号のGPS(参照)を眺めながら、秋田なまりでそうつぶやいた友川カズキに、関西アンダーグラウンド・シーンで活動する、自分よりずっと年齢の若い彼らの何に惹かれるのかを訊くと、「大阪でのライヴでペンペンズが前座だったんだけど、どこまでもデタラメで感動したんです」と答えた。

 1950年に秋田県で生まれた友川カズキ。中学校の図書館で偶然遭遇した中原中也の「骨」にインスパイアされて詩を書き始め、またボブ・ディランをはじめとするフォークソング・ムーブメントの影響を受け、70年代初頭からアコースティック・ギターをかき鳴らして歌い始めた彼は、数多くの作品を残した。その一方で、これまで絵画の個展を何度となく開くなど画家としての顔も持ち、大島渚や中上健次といった面々とも親交を結んできた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載