サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > ウィキリークスと情報漏洩は"正義"なのか...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第49回

ウィキリークスと情報漏洩は"正義"なのか"犯罪"なのか?【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

公安による活動はインテリジェンスなのか?

神保 今回、外事三課がイラン大使館を監視下に置いていたことが明らかになりましたが、これはどういう意味なのでしょう。イランが国家ぐるみでテロを支援し、行っている疑いがあるとみているということですか?

菅原 おそらく、資金洗浄の部分で(イラン大使館の)口座を監視しているのでしょう。ただ、大使館に出入りする人間をすべて監視するというのは、テロを担当する部署がやる仕事なのか、理解に苦しむところです。

 他方、これは欧米の捜査のやり方を日本にそのまま持ち込んでいるとも言えます。イギリスにしてもフランスにしても、非常に大きなイスラム社会がある。その中でムスリム(イスラム教徒)というバックグラウンドのために差別されている人が不満を抱えてテロに走り、"国産テロリスト"が生まれてしまっているという事情があります。そういう社会においては、ムスリムが活動するためのインフラとしてのモスクを監視することには意味があります。しかし、日本は諸外国とは事情が違う。にもかかわらず欧米と同じようにとにかくモスクを監視すればいいという手法をまねるのはどうかと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ