サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > チリ落盤事故で出演 33人の手記出版と足...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第62回

チリ落盤事故で出演 33人の手記出版と足尾銅山 そして、アニータと私

+お気に入りに追加
1012_takasu.jpg
10月21日、新宿ロフトプラスワンで「第9回 熟女クイーンコンテスト」が開催された。会場は超満員。審査委員長はやくみつる、ゲストに丸茂ジュン、南部虎弾。そして、特別ゲストに島田陽子が登場!  優勝は本城さゆり31歳に決定した。エロスの狂宴だった。

 8月は清水健太郎、9月は田代まさし、そして10月はチリの落盤事故について、テレビ局が私に意見を求めてきた。なぜチリの件で私なのか。

 私はかつておもちゃのトミーに勤めていた。おもちゃは、インターナショナルビジネスである。そして、その後は出版業を続けてきた。つまり、インターナショナル・パブリッシングについてわかる日本人はあまりいないということで、テレビ朝日から「もし落盤事故で救助された33人が本を出版したら」というテーマでコメントを依頼されたのだ。私は次のように答えた。

 救出された33人が共著として1冊にまとめ、定価20ドル前後で販売する。世界の主な言語に翻訳すればミニマムで1億冊は発行されるだろう。20ドル×1億冊=20億ドル。1ドル80円計算で1600億円の売り上げが立つ。その後、返本がかさばろうとも、印税は実売部数ではなく、発行部数で算出するのが一般的だから、印税を最低基準の10%で計算しても、160億円が33人に入る。つまり1人当たり4.8億円のインカム。日本円で4.8億円ということは、チリに行けばその10倍、48億円の価値があるはず。つまり孫子の代まで自由にできるカネが入ってくる。そのくらいのビッグビジネスだ。さらに、映画化しようとアメリカが動いているようだし、ゲーム化もありうる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ