サイゾーpremium  > 連載  > SKE48の大人のための二次元講座  > 「もう3列目が定位置なんて言わせない!」...
連載
SKE48の大人のための二次元講座 【Special インタビュー】

「もう3列目が定位置なんて言わせない!」SKE48中西優香・平松可奈子が語る初の選抜入りへの思いとは?

+お気に入りに追加

 2ndシングル「青空片想い」、3rdシングル「ごめんね、SUMMER」と、2作立て続けにオリコン初登場3位を記録したノリにノッてるアイドルグループ・SKE48が、11月17日に4thシングル「1!2!3!4! ヨロシク!」(すべて日本クラウン)をリリースする。その選抜メンバー16名の中に、本誌で連載中の「SKE48の大人のための二次元講座」のレギュラーメンバーであるチームSの中西優香と平松可奈子、チームKIIの古川愛李の3人が見事初の選抜入り! 中西と平松は1stシングル「強き者よ」(ランティス)に参加しているものの、同曲にはチームS全員が参加しているため、純粋な選抜は3人とも本作が初めてとなる。その喜びや今後の目標など、中西と平松の両名に伺ってみた。

10258_artistphoto.jpg
今回初の16人選抜!


──まずは初選抜入り、おめでとうございます! 選抜発表はどのようにして行われたんですか?

中西優香(以下、中西) 「青空片想い」と「ごめんね、SUMMER」には、特典映像として選抜発表されるシーンを収録した「選抜発表ドキュメント」なるものが付いているんですが......まさにあの通りです。あれ、ヤラセではなくガチなんですよ。今回も10月中旬頃に4期生を含めた全メンバーがいきなりレッスン場に呼ばれて、劇場支配人の湯浅さんが「今回は16人で勝負しようと思う。呼ばれた人は前に出て」と。大体、レッスン場に集合をかけられた時点で、皆「ああ、選抜発表だな......」って勘付いてはいるものの、やっぱり精神的に辛い(笑)。今回もカメラが回っていたので、おそらくコンサートツアーDVDの特典映像になると思います。

──そもそも、どういった順で名前が呼ばれるんですか?

中西 まずチームSの選抜メンバー、次にチームKⅡの選抜メンバー、そして研究生の選抜メンバーといった順で発表されていくんですが、チームSだと(松井)珠理奈と(松井)玲奈から呼ばれました。きっと今回のメインメンバー順なんだろうなと。

──投票数で選抜メンバーやポジションが決まる「選抜総選挙」が行われたり、AKB勢はランク付けされるのが醍醐味の1つとはいえ、それは大変ですね......。では、選抜発表で名前が呼ばれた瞬間の感想は?

平松可奈子(以下、平松) 人生最大の突然変異が起こったと思いました! 「ついに平松の時代来たあああああ!! ヒラマジックウウウウウウ!!!」って。......というのはウソで、その場には選抜に入れなかったメンバーも大勢いたので、素直に喜べなかったんです。可奈も今まで選抜に入れなかったぶん、入れなかったメンバーの気持ちもわかるので......。だから、その場では静かに喜びを噛みしめて、家に帰ってからお母さんと泣きました。可奈、握手会でファンの方に「目標はなんなの?」と聞かれたら、必ず「選抜に入ることです!」と答えていたくらい、選抜に入るのが夢だったんですよ。やっと夢に日付が付けられる日が来たんです! ただ、その日付を選抜発表の日にしようか、それともシングルの発売日にしようか迷っていて......。

中西 どっちでもいいよ(笑)。私は正直、自分が選んでいただけるとはまったく思っていなかったんです。「青空片想い」のカップリング曲「バンジー宣言」ではフロントメンバーに入れなくて、バックダンサーになった時のショックがトラウマのように残っていて......。だから、今回もカップリング曲が歌える"アンダーガールズ"に入れたら良いな、くらいの気持ちでいました。発表の後、なにが一番嬉しかったかって、玲奈と珠理奈が抱きしめてくれて、「良かったね。今まで優香ちゃんが頑張っている姿を見てきたから、私もすごく嬉しい」って......。

──中西さん、なんか目がウルウルしてますね......。こっちまで、なんか......(涙)。

nakanishi.jpg
中西優香(なかにし・ゆうか)/1989年1月24日、
愛知県生まれ。チームS所属。

中西 ごめんなさい。今でもこの時のことを思い出すと、自然と泣けてきちゃうんですよ。私は07年にAKB48の研究生になったんですけど、上京することを父親に猛反対されて、大ゲンカして家を飛び出すようなかたちになってしまったんです。だけど、東京で一人暮らしを始めたら、普段はまったくメールをしない父親が「辛い時はこの曲を聞くといいよ」なんてメールを送ってくれたりして......。SKE48に移籍してからは実家で家族と暮らしているんですけど、選抜に入れたことを報告した時も、家族皆で喜んでくれました。帰り道に寄ったコンビニで好きなものいっぱい買ってもらって(笑)。あと、ファンの方の中には泣いてくださった方もいて、それもすごく嬉しかったですね。「バンジー宣言」のフロントメンバーに入れなかった時、ファンの方々にも辛い思いをさせてしまったので、これで少しでも恩返しできたらいいなと思ってます。

平松 可奈のファンの方たちもめっちゃ喜んでくれました。可奈は1期生オーディションには合格したものの、チームSの正規メンバーにはなれず、研究生からのスタートで......。ほかのメンバーはお仕事がある日にお休みのことも多かったし、AKB48さんのシングルを劇場公演で披露する時は、決まって3列目の端っこのポジションだったし......。自分でも「あーまだまだだなぁ~」と思っていて(笑)。でも、ファンの方が握手会の度にすごく励ましてくれて、なんとか頑張ってこられたんです。

中西 正直、私自身はバックにいることに慣れている部分もあって(笑)。AKB48研究生時代も、ひまわり組公演【編註:07年7月~08年4月にかけて行われた、旧チームAと旧チームKの合同チームによる公演】に同期の出口陽ちゃん、倉持明日香ちゃん、佐藤亜美菜ちゃん、成瀬理沙ちゃんの4人は出られたのに、私は半年間、東京に呼ばれることすらなくて......。でも、そういう時期があったからこそ、忍耐強くなれたんだろうなって思います。それに、AKB48のチームBの3rd公演でバックダンサーに選んでいただいたり、インターネットラジオ『K'zStation』が始まる時もレギュラーメンバーに選んでいただいたり......私のことを評価してくださる人もいたので。いくら後ろにいることに慣れているとはいえ、やっぱりずっと前に出られないままだったら、途中で挫けていたと思います。

──なるほど。それにしても、中西さんはAKB48からSKE48に移籍して本当に良かったですね。AKB48は上がつっかえている状況で、後から入ったメンバーはなかなか日の目を見ていない印象を受けるので......。

中西 ファンの方からも「SKE48に移って良かったね」とよく言われます。でも、AKB研究生時代に学べたことって、とても大きいんですよ。研究生はチームA・K・Bとそれぞれの公演に出られるので、各チームの良かったところをチームSに取り入れることができてますし、秋元才加さんなどの先輩から後輩に対する接し方も学ばせていただきましたし。なにも知らずにSKE48に入っていたら、今のようにはならなかったと思います。

──AKB48研究生時代を経験したからこそ、今の中西さんがあるわけですね。ところで、平松さんはSKE48研究生時代、もっとギャルっぽい外見だった気がするんですが......。もうそろそろこの話に触れてもいいですか(笑)?

hiramatsu.jpg
平松可奈子(ひらまつ・かなこ)/1991年11月14日、
愛知県生まれ。チームS所属。

平松 はい。オーディションに合格した頃は、髪を染めて、エクステも付けていましたね。あの頃はマネージャーさんにも「可奈子はそれでいい」って言われて、可奈的にギャル路線で行く感じだったんですよ。でも、「SKE48は染めるの禁止」という決まりができて、可奈も昇格した時には黒髪にしました(笑)。今もできれば染めたいんですけどね~。たまに握手会で「可奈はオーディションの時は金髪で、ヤンチャだったよね」とか、ちょっと意地悪な言い方をされたりするんですけど、これだけは言っておきたい! 人を見かけで判断しちゃダメです!! 黒髪で「フフッ(ハート)」とか言っている娘の方が、案外ヤンチャだったりするんですよ。だから、誤解しないでほしいなって思います。

──サイゾー的には"金髪平松"を推したいです! では、最後に選抜メンバーに選ばれたことに対する意気込みをお願いします。

中西 あの、ぶっちゃけ、私ってアイドル顔ではないじゃないですか(笑)。ファンの方からもよく言われるんですけど。私より可愛い娘なんてたくさんいる中、選抜に選んでいただいたのにはなにか理由があるんじゃないかと思って、すごく考えたんです。それで思ったのが、これまでの選抜メンバーにはトークのツッコミ役がいなかった気がするので、そこを担っていこうかなと。あとは今回の選抜メンバーの中では最年長になるので、皆で楽しくお仕事ができるような雰囲気作りができればいいなと思います。

平松 爆弾を落とします! 全国に! Mステに出たい! 紅白にも出たーい!! ......あ、サイゾーから写真集も出したいです! よろしくお願いしまーす(は~と)
(構成/アボンヌ安田)

SKE48
AKB48の姉妹ユニットとして、08年7月より、活動している秋元康氏プロデュースのアイドルグループ。名前の由来は、活動の中心地である名古屋の栄(SAKAE)から取られており、同地のSKE48劇場にて公演を行っている。公式HP 〈http://www.ske48.co.jp

シングル「1!2!3!4!ヨロシク!」
SKE48の4枚目のシングル。カップリングに、松井珠理奈&松井玲奈のユニット・キネクトが歌う「TWO ROSES」、白組の「コスモスの記憶」を含むTypeA、同じく「TWO ROSES」と、紅組の「青春は恥ずかしい」を含むTypeB(それぞれ1600円)が明日11月17日に発売される。今回、松井玲奈、高柳明音はじめ、サイゾー連載メンバーである中西優香、平松可奈子、古川愛李も初の選抜入りを果たした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ