サイゾーpremium  > 連載  > 辛酸なめ子の「サバイバル女道」  > 美人CAが見た雲の上の格差社会
連載
辛酸なめ子のサバイバル女道 第14回

美人CAが見た雲の上の格差社会

+お気に入りに追加
1010_CA.jpg
丹田に力を入れて、足から頭頂部まで一本の線で吊られたことを意識してまっすぐ立つのがCAの姿勢です。CA立ち&CAメイクで美月さんとツーショット。

 子ども時代、親に隠れてこっそり観ていた『スチュワーデス物語』(TBS系列)に洗脳され、CAに憧れを抱いていました。先日新聞の取材で日本航空に行った時は、無理にお願いして現役CAさんのおだんごヘア【註1】を触らせてもらい、カチカチのハードな触感に高揚。そしてファーストクラス用の訓練を一瞬のぞいた時に、あまりの上玉揃いに、腰が砕けそうな衝撃を受けました。スキがまったくないパーフェクトな美貌、そして脚線美……究極の女子力に圧倒されました。

 そんな雲の上のファーストクラスで実際にお仕事されていた元CAで起業家の美月あきこさん【註2】に、今回はCA直伝の処世術や美容法などを伺って参りたいと思います。ラジオの仕事でも一度お会いしましたが、美月さんは女優級のアンチエイジング美女(バブルの時代を突き抜けたそうですが、とてもその年代に見えません)。久しぶりの再会に心をときめかせオフィスに伺うと、ブリリアントな笑顔で出迎えてくださいました。飛行機の入り口でこんな笑顔で出迎えられたら、どんな乱気流も至福感で乗り切れそうです。「第一印象は大切です。それに、ドアのところで何万人もの方をお迎えしていたら、インスピレーションでどんな方かわかるようになりました」と、美月さん。人相学の勉強をしてさらに知識が深まったそうです。「死相【註3】が見えたお客さんがフライト中に亡くなったこともあります。色相や浮気性【註4】も顔に出ますよ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ