サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > クール・ジャパノロジーの可能性
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第6回

クール・ジャパノロジーの可能性

+お気に入りに追加
cooljapan1010.jpg
『日本的想像力の未来クール・ジャパノロジーの可能性』(NHK出版)

 先日、NHK出版から発売された『日本的想像力の未来クール・ジャパノロジーの可能性』(東浩紀編)は、今年3月に東工大で催されたシンポジウムを再録、再編集したものだ。クール・ジャパンという、ある意味恥ずかしいにもほどがある言葉を用いた題名から、敬遠する人も多いだろう。あるいは、マンガやアニメといったオタク系文化をめぐる議論は、自分には関係ないのだ、と。
 
 しかし一読すればわかるように、クール・ジャパンという言葉はここでは明確にアイロニーとして機能しており、むしろ政府が推進する空疎な(と言わざるを得ない)クール・ジャパンというブランディングのイメージとはまったく異なった、そして内実のある「日本的想像力」についての議論が展開されている。そう、ここで問われているのは、日本のコンテンツ政策や、あるいはオタク系文化の市民権(に偽装した旧世代オタクのアイデンティティ問題)などという、はっきり言ってどうでもいいこととはまったく別のレベルの、「日本的想像力とは何か」という問題だ。オタク系文化が、あるいは独特のウェブ受容(ツイッターの爆発的普及、mixi、2ch、ケータイ小説サイト、ニコニコ動画などの定着)や「カワイイ」系の女子カルチャーが生み出されていく「日本」という磁場(それはもしかしたら「東アジア」という磁場かもしれない)について考えること──それが、このシンポジウムの主題である。

 そこでは第一に従来の「甘えの構造」的な日本論──つまり日本を近代未満の未成熟国家としてとらえるのではなく、その未成熟さこそが日本的想像力を支えているのだ、といった議論が紹介され、第二にネットワーク化/グローバル化の進行する現代社会においてこの日本的想像力は世界的にいかなる位置を占めていくのか、が議論されている。

 さて、ではこうしたスタートラインを起点に、いくつか私なりの論点を提示してみよう。
 
 まず日本的「未成熟」の議論は、これら一連の成果を下敷きにもう一歩展開することができると思う。大塚英志氏が代表的だが、従来のオタク系文化論と日本的未成熟を接続する議論は、いってみれば日本は永遠の「12歳の少年」にとどめられたネオテニー国家であり、その「ねじれ」こそがオタク系文化のようなユニークな想像力の源泉となったのだ、という形式を取ることが多い。

 しかし、市場(システム)が国家(物語)より優位に立つグローバル資本主義下において、国家を擬似人格と見做して精神分析にかけるような思考の有効性は後退せざるを得ない。「戦後」的社会構造の崩壊と同時に、戦後日本的「ねじれ」の力も衰退したと考えるべきなのだ。オタク系文化の強度を支えるのは、少なくとも昔ほどには「ねじれ」だとは言えない(いわゆる第4世代「リア充」オタクの台頭は、その端的な例だろう)。

 むしろ現代のオタク系文化を支えるのは、キャラクターという特殊な実存モデル、あるいはコミュニケーションの回路だと考えたほうが合理的だ。だからこそオタク系文化の問題系は、匿名的な空間が肥大し、公共性に接続し得ない日本のウェブ受容の問題に接続し得る。「戦後」的アイロニーや、オタク旧世代の逆差別的ナルシシズムの問題から正しく解放されることで、私たちはオタク系文化の、いや日本的想像力の本質に(ようやく)接近することができるのだ。(したがって私は、オタク系文化を最後のカウンターカルチャーとして位置づける立場に与しない。現代日本のポップカルチャーを象徴する空間は、カウンターカルチャーとしてのオタク系文化の街・秋葉原ではなく、オタク系文化を「含む」広義のキャラクター文化が渦巻く郊外/ネット上の匿名的空間だろう)
 
 もはや日本は「12歳の少年」ではない。それは別に「軍隊を持って普通の国になった」ことを意味しないし、「あえて未成熟国家にとどまることの倫理」を説いて逆説的な成熟を遂げたわけでもない。こうした精神分析的な磁場そのものが(「戦後」的社会構造の失効により)消失した空間が、現代日本を覆っている。にもかかわらず、相変わらずオタク系文化は隆盛し、そのウェブ受容はガラパゴス的な発展を遂げている。このユニークさの根拠を(それが本当に「日本的」「東アジア的」なのかも含めて)考えながら、その世界的位置を考える時期に、私たちは来ているのだ。同書は、こうした新しい日本文化論のための手がかりを内外の視点から多角的に提供してくれる良書である。

うの・つねひろ
1978年生まれ。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。ミニコミ誌「PLANETS」の発行と、雑誌媒体でのサブ・カルチャー批評を主軸に幅広い評論活動を展開する。著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『批評のジェノサイズ─サブカルチャー最終審判』(共著/小社刊)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ