サイゾーpremium  > 特集2  > もはや"黒人の猿真似"ではない、日本語ラ...

 ダボついたシャツとパンツに身を包み、韻を踏んでラップする──。そんなヒップホップのスタイルが日本人に似合わないと鼻で笑うのは、子供のリアクションでしかない。一方で、音楽メディアの惹句に煽られてシーンのトレンドを消費するのも同じことだろう。なぜなら、30年の月日を経て熟成された日本語ラップは、もうそうした次元にいないのだから。これは、そんなカルチャーのリアルでフレッシュな知性を感じられる、"大人"のためのヒップホップ特集である。

1007_2toku_tobira.jpg
(写真/有高唯之)
(モデル/鎮座ドープネス)

 諸説あるが、1970年代にニューヨークはブロンクスのスラム街に住む黒人たちによって産声をあげたといわれるヒップホップ。ラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティの4要素から成るそのカルチャーは、今やグローバルに享受されているが、日本に伝播したのは80年代初頭。それから約30年が経過し、"日本語ラップ"はすっかり成熟した──。

 下のコラムは、当特集【2】で登場する音楽ライター・磯部涼氏が作成したもので、これを見れば日本語ラップの成長過程はあらかた把握できるのではないか。ただ、いとうせいこう、スチャダラパー、ライムスター、キングギドラ......と、読者の世代によりキーとなる人物・グループのとらえ方はまちまちのはず。そこで、同じく磯部氏の談話で構成した本誌の昨年11月号の記事「闇社会の悲哀をリリックにのせる"ハスラー・ラップ"という哀歌」をかいつまみながら、まずはこの10年で日本語ラップに何が起こったのかを整理したい。

 ZEEBRAがフィーチャリングされた99年発表のDragon Ash「Grateful Days」。好き嫌いは別にして、当時あの曲の「俺は東京生まれHIP HOP育ち/悪そうな奴は大体友達」というZEEBRAのリリックを口ずさめた読者も多いと思う。その「悪そうな奴」という言葉こそがミソで、漠然としているためにちょっとした不良が聴けば「俺のことか」と感じたのではないか。そもそもZEEBRAは上流階級育ちであり、それまでの日本語ラップ・シーンもレコードとターンテーブルが難なく揃えられる比較的裕福な層が担っていた。だが彼はシーンを拡大すべく、ヤンキー層にマーケットの目を向けたのだ。こうしたZEEBRAの"戦略"により、ハスリング(違法ドラッグ売買を指すスラング)に精を出す不良少年たちが自らの裏稼業をリリックにした、ハスラー・ラップというアンダーグラウンドな日本語ラップのブームが00年代半ばに用意されたと考えられなくもない。

 それを裏づけるのがANARCHYで、少年院の娯楽室で放送されていたテレビの音楽番組で歌うZEEBRAを見て、ラッパーになる決意をしたという。彼は京都の向島団地というゲットーと呼べる場所で生まれ育ったが、そうした生い立ちとともにドラッグ・ディール体験をラップした。

 ANARCHYにとどまらず、SEEDA、BESなどハスラー・ラップの担い手たちが次々と登場し、日本語ラップは00年代にZEEBRAのような限られたコミュニティから、(誤解を恐れずに言えば)下層社会にまで開かれた。そう、ヒップホップ黎明期におけるブロンクスの黒人たちと似た境遇の若者たちもマイクを握るメディアとなったのだ。

日本語ラップの30年とさらなる進化の兆し

 かくして日本語ラップは文化として成熟したが、またその突端で更新を試みるのが、S.L.A.C.K.や鎮座ドープネスといったラッパーだ。現在ヒット・チャートに名が踊るFUNKY MONKEY BABYSやヒルクライムのようなヒップホップ・ユニットのトンマな人生応援歌に比すと、両者が高いスキルで日本語詞の表現領域を拡張しているのは明らかである。

 また、日本語ラップは音楽だけにとどまらない。いとうせいこうやECDらは小説という形でも言語的実験を行ってきたが、今後もラッパーならではの文学作品が生まれるだろう。あるいは、映画にもその遺伝子が見られる。"地方"を舞台に右翼ラッパーと外国人労働者の衝突を描く『サウダーヂ』(来年公開予定)は、10年代の日本を代表するヒップホップ・ムービーとなり得る作品だ。

 外野から"黒人の猿真似"と揶揄されながらも、日本語ラップは成長し、今この瞬間もどこかでその細胞は増殖しているだろう。そんなカルチャーの強度を多角度から検証していきたい。いざ!

(構成/中矢俊一郎)
(資料協力/デザインアンダーグラウンド)

教科書には載らない日本語ラップの歴史
アメリカからヒップホップを"輸入"して30年。日本語ラップはこう進化した!

1980~【第1期】~1990

[代表的アーティスト]
CRAZY-A/DJ KRUSH/いとうせいこう/ヤン富田/TINNIE PUNX/近田春夫

[世代的特徴]

1007_dai1ki.jpg
 83年公開の映画『フラッシュ・ダンス』に影響された不良たち(CRAZY-AやDJ KRUSHなど)が、原宿の歩行者天国でターンテーブルを持参しブレイクダンスを行う。一方、同年の『ワイルド・スタイル』公開にあたって米国のヒップホップ・アーティストが多数来日し、感化されたインテリ派(いとうせいこうやヤン富田など)もヒップホップ的なアプローチを試みるようになった。両者は対立していたが、その後の日本語ラップはほぼ前者の流れを汲んだ。

1990~【第2期】~2000

[代表的アーティスト]
スチャダラパー/ライムスター/キングギドラ/マイクロフォン・ペイジャー/雷

[世代的特徴]

1007_dai2ki.jpg
「日本語ラップ」というジャンル名が発生したのはこの時期で、その名の通り日本語によるライミングの可能性を追求していった。そのため、リリックの面においてはメッセージ性のオリジナリティが薄い。例外的なのがスチャダラパーで、ただし、彼らはライミングを重視しなかったせいで亜流と見なされていた。ダークでヘヴィな表現を特徴とした、いわゆるハードコア日本語ラップは、ECDが提唱した96年の大イベント〈さんピンCAMP〉で頂点を極める。

2000~【第3期】~2010

[代表的アーティスト]
MSC/妄走族/SEEDA/ANARCHY/NORIKIYO/サイプレス上野/S.L.A.C.K.

[世代的特徴]

1007_dai3ki.jpg
 前世代で日本語によるライミングの方法論がほぼ完成したため、過度にライミングにこだわることはなく、メッセージ性を重要視するようになった。また、第2期の日本語ラップの担い手たちは中産階級以上であることも多かったが、第3期はヤンキー的で、社会的階層はより低く、活動はより地元密着型である。いわゆるロスジェネ以降の平成不況直撃世代にあたるためか、リリックには即物的で拝金的な反面、批評的というよりは愚直に道徳的な傾向が見られる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ