サイゾーpremium  > 連載  > 辛酸なめ子の「サバイバル女道」  > "恋して""踊れる"パリジェンヌに憧れて
連載
辛酸なめ子のサバイバル女道 第10回

"恋して""踊れる"パリジェンヌに憧れて

+お気に入りに追加
1006_nameko.jpg
ルクスロー先生と比べると、姿勢の悪さが如実にわかります。

 フランスへの憧れをくすぶらせ続けて20余年、過去にはたびたびフランス語学校に通ったり、フランス男性とお茶を飲んだりしていましたが、記憶力と語学力と女子力に限界を感じて挫折。時間的にフランスに行くことも諦め、今では街で見かけたフランス人を凝視することで、フランス欲を紛らわせています。そんなある日、麻布十番をぶらぶらしていたら、気になるフライヤーを発見。「ときめいて、しなやかに、輝き続けるパリジェンヌ」というコピーで、フランス語とエクササイズとフランス文化を三本立てで学べる貪欲なプログラムの宣伝です。受講すればフランス女性に近付けるかもしれないと思い、講師のルクスロー雅子先生【註1】にコンタクトを取り、申し込んでみました。

 お会いしたルクスロー先生は、おしゃれで美しく、スリムで均衡の取れたスタイルの持ち主。「年齢なんて聞いてくるのは失礼な日本男性くらい」とおっしゃるので御年は推測することしかできませんが、かなりのアンチエイジング度です。教室は、麻布十番のビルの貸しスタジオ。一見殺風景な空間も、先生が深紅のバラやパリの地図、フランスの写真集を飾りつけることで小粋な空間に。全員にエビアンを支給するなど、隅々までフランス精神が行き届いています。講座を受けながらフランス水を飲むことで、血中フランス濃度が上がりそうです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE