サイゾーpremium  > 特集  > 石原都政が目指しているのは純潔教育!? ...

──今春、東京都の青少年健全育成条例改正案をめぐる問題が、ネットやマスメディアを騒がせた。通称"非実在青少年問題"と呼ばれる。この騒動の裏にある権力側の目論見とはなんだったのか? まだまだ予断を許さないこの問題から、目を離すな!

1005_porno.jpg
規制反対派の山口貴士氏のブログ。

 2月24日、東京都議会に青少年健全育成条例の改正案が突如提出された。その中に「非実在青少年」(マンガ・アニメ・ゲームに登場する、18歳未満と認識できる二次元の青少年)の性描写に関する規制、つまり、たとえ設定が18歳以上でも"17歳以下に見えるキャラクターが性交(または類似行為)をしているような描写のある作品は「自主規制」せよ"という条文が盛り込まれており、これが成立しそうだとわかるや否や、ネットを中心に反対の声が続出。最終的には、日本書籍出版協会や日本ペンクラブなど、多くの出版系の業界団体や大学、マンガ家、識者が反対意見を表明し、大問題に発展した。結局改正案は、3月30日の都議会本会議で継続審議が決定し、6月の定例議会となるだろう次の議会まで決議見送りとなった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載