サイゾーpremium  > 特集  > 鉄板人気ゆえに百花繚乱 グルメマンガの"...
第1特集
"美味しくない"グルメマンガブームの裏【1】

鉄板人気ゆえに百花繚乱 グルメマンガの"ツッコミどころ"

+お気に入りに追加

──現在のマンガ界を席巻している"鉄板コンテンツ"があるという。それがグルメマンガというジャンルだ。『美味しんぼ』に代表される同ジャンルは、今や細分化され、多くの話題作を生み出しているが、そこに描かれた"食"に関するうんちくが疑われることも……。

oishinnbo.jpg
『美味しんぼ』原作者、雁屋哲氏の公式ブログ。

「グルメものは堅いんです。他ジャンルと比較して見ても、読者アンケートや単行本の売り上げも良く、編集者からしてみればありがたいコンテンツ。また、90年代までは、『同じ雑誌に野球モノは1本、ヤンキーモノは2本』など、各編集部で"暗黙の掟"があったのですが、現在ではほとんどないため、『モーニング』(講談社)での『神の雫』『きのう何食べた?』『クッキングパパ』などのように、各青年誌で平均して、2~3つくらいの食に関する作品があるのではないでしょうか」

 某青年マンガ誌編集者がこう語るように、現在、マンガ業界で確固たる地位を築いているのが"食"を題材にした作品だ。これまでは『美味しんぼ』(小学館)のように食全般を扱う作品が多かったが、ここにきてラーメン、カレー、寿司、ワイン、さらには健康志向モノなどとテーマを絞り、細分化されている傾向にある。近年のB級グルメブームも手伝ってか、昨年5月には、庶民的な食材や料理を扱ったグルメ専門マンガ誌「食漫」(日本文芸社)も創刊された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

衝撃のアート論

衝撃のアート論
    • タブー表現で魅せる【若手アーティスト】
    • 漢 a.k.a. GAMIとD.Oが【リヒター展】へ
    • 現代アートグッズ【転売事情】
    • 唯一無二の【B-BOY彫刻家】
    • 【ビジネス書×アート】の功罪
    • 【芸能人アート】原色使いがち問題
    • ヒップホップと【NFT】の邂逅
    • 【仏画】という芸術論
    • 今、見るべき【戦争写真集】
    • 【排除アート】と都市の美化
    • 排除アートの【アート】
    • 【Adobe】“帝国”研究

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】雪平莉左
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【雨宮純】現代怪事廻説
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【小原真史】写真時評
    • 【七瀬アリス】下着と水着の考証学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澁川祐子】味なニッポン戦後史
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【脳内パステル みさき】シラナイマチトワタシ
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報
サイゾーパブリシティ