サイゾーpremium  > 特集  > 死を賭してでも発射したい"超"快感な「ヤ...
第1特集
窒息、露出、チンコ割き......「ヤクザなオナニー」完全読本【1】

死を賭してでも発射したい"超"快感な「ヤクザなオナニー」ってなんだ?

+お気に入りに追加

──『キル・ビル』などに出演した米俳優が昨年6月、異国の地で遺体で発見され、現地警察は「自慰最中の事故ではないか」と発表した──。窒息オナニー、露出オナニー、山頂オナニー。やめたくてもやめられない、死を賭して敢行されるアウトローオナニーの実態に迫る!

1006_saini.jpg
最近は催眠オナニーなるものが話題らしいです。なんだかよくわかりませんが、気になる方は上のCD付きの単行本をチェックしてみては?

 国力増強を目的に「産めよ増やせよ」をスローガンとしていた明治初期の日本では、オナニーは"自らを汚す"という意味で「自涜」と呼ばれ、蔑まれていたという。それから時を経て、当時よりも強大な国力を誇る現代の日本において、オナニーは"正しい性欲処理法"として親しまれている。中でも男性のオナニーは多様化が進み、女性器に挿入したような快感が味わえる「オナホール」などオナニー専用グッズの普及も著しい。これだけ多くの選択肢があふれているのだから、ただ手でしごくだけのオナニー人生なんて、ナンセンスだ。

 とはいえ世の中には、実践するに当たり、命の危険や犯罪者になるリスクを伴う"ヤクザなオナニー"も存在する。そのひとつが、昨年6月に映画『キル・ビル』のビル役で知られる俳優のデイヴィッド・キャラダイン氏が実践中に死亡したとされる"窒息オナニー"だ。どのように行うかは、当特集【2】を参照していただきたいが、性風俗に詳しいライターの松沢呉一氏は、「公にならないだけで、日本でも死亡者はかなり出ていると思う」と話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の