サイゾーpremium  > 特集  > フリークスとも性関係を持つ「裏社会の扉」...
1006_shashinshu_colmun.jpg

 裏社会に潜入し、その光景をカメラに収めることを想像すれば、男性が優位に思えるかもしれない。しかし写真史をさかのぼると、裏社会というブラックボックスを開いた女性写真家たちがいる。いや、より正確に言えば、女性写真家によって初めて可視化されたアンダーグラウンドがあるのだ。

 その代表例が『Diane Arbus』(Aperture/72年)【1】のダイアン・アーバスで、裕福な家庭で育った彼女は60年代に見世物小屋に通い、フリークスたちを撮った(被写体の小人と寝たという逸話もある)。当時のアメリカ社会ではそうした被写体は暗黙のうちに撮るべきでないとされ、展示の際にはおぞましさのあまり写真に唾を吐く観客が絶えなかったという。そのアーバスの系譜にあるのが『The Ballad of Sexual Dependency』(Aperture/86年)【2】のナン・ゴールディンで、中産階級出身ながらドラァグクイーンや性倒錯者など米国の暗部たる共同体に友達感覚で入り込み、ゲイ・カルチャーやドラッグ、セックス、暴力を写し取ったのだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』