サイゾーpremium  > 特集  > 初心者でも安心!? 美味しい「既得権化し...
第1特集
既得権ビジネスの金銭事情と知られざる闇【2】

初心者でも安心!? 美味しい「既得権化したビジネス」への参入方法

+お気に入りに追加

──ソープランドや海の家、宝くじなど……意外と身近な商売ながら、簡単に営業権を得ることができないものが、多数存在している。そんな既得権化したビジネスに参入するためには、果たしてどうしたらいいのだろうか? "新規参入"希望者のための(?)簡単レクチャー。

ただの"ゴネ"得?

路上の屋台

【必要な許可】道路使用許可・道路占用許可
【申請先】所轄の警察署・都道府県道路管理係
【管理】上に同じ

1006_ill_yatai.jpg
周辺のおしゃれ飲食店に睨まれっぱなし。

 横浜駅西口の新田間川沿いの市道では、12軒のおでんの屋台が営業をしている。屋台経営者らは「自分たち一代限りの許可」と口を揃える。一方、占用許可を出す側の神奈川県は「そんな許可は出していない」と主張。確かに道沿いには次のように書かれた看板が。「新田間川沿いの屋台(略)は横浜市が管理する道路区域を不法に占用している物件(略)ただちに撤去するよう警告する 横浜市西土木事務所」。どうやら「既得権じゃなくて、ただのゴネ得」(近隣の飲食店)という見方が正しいようだ。福岡市にも「天神屋台街」など、路上屋台エリアがいくつか存在する。こちらは「従前からの」経営者に限り許可が出ている。公道上で営業するこうした"既得権屋台"は各地で目にすることができる。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ