サイゾーpremium  > 特集  > ギャラも作品性も、新人賞選びが大きなキー...

──なんらかの賞を受賞すれば、ハクを付けてデビューできる! かと思いきや……最近は、デビュー後もマンガ家を続けていけるかどうかも危うい状況なのだとか。そこで今回、過去に新人賞の受賞経験を持つ、3人のマンガ家(実際活動できているかは別として)に、その裏側を聞いた。

[座談会参加者]

A ……青年誌で入選後、連載を持つ中堅マンガ家
B ……青年誌で佳作受賞後、読み切り作品掲載歴を持つ新人マンガ家
C ……少年誌で期待賞を受賞したマンガ家アシスタント
shuueisha.jpg
集英社の漫画賞ページ。

──有望なマンガ家の発掘を目指して各誌が行うマンガ新人賞ですが、今はなかなか、受賞=即デビューというわけにはいかないようですね。

A ハッキリ言って、作品を発表する場が少なくなってる。90年代は新人の受賞作だけを集めた増刊号とか、よく出てたけど、今、そんな余裕がマンガ誌にはない。通常、新人が掲載されるのは単発の読み切り。そこから連載を持つまでが厳しい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』