サイゾーpremium  > 特集  > なんと『NANA』は18 禁!?各国のマ...
第1特集
描き換えられる人気マンガの問題点

なんと『NANA』は18 禁!?各国のマンガ規制最前線

+お気に入りに追加

マンガ規制

世界各国で高い人気を得る日本のマンガ。だが、中には、海外の法律に反するため、描き換えを余儀なくされる作品も。
1005_mangakisei.jpg
十字架が書き換えられている『鋼の錬金術師』第8巻。上図の日本語版と下図の英語版を並べて見比べるとその違いは明確だ。

 現在、日本の人気マンガは多くの言語に翻訳され、世界各国で出版されている。日本貿易振興機構の調べによると、2008~09年の間にフランスで出版された日本のマンガ作品数は1400タイトルを超えているという。

 だが、ここで問題になるのが描写だ。たとえば、イギリスを舞台に、主人公の吸血鬼と吸血鬼ハンターとの闘いを描いたマンガ『HELLSING』(少年画報社)では、敵役としてナチスドイツの残党が登場するのだが、作中、敵の軍艦に大きくハーケンクロイツを描くシーンについて、ドイツ語版では線が加えられ、まるで「田」の字のように変わっている。日本で自主規制されたマンガやアニメなどを紹介した『封印漫画大全』(三才ブックス)の著者、坂茂樹氏はこう語る。

「これは、ドイツの法律でハーケンクロイツの描写が禁止されている影響でしょう。07年に法律が少し変わり、『ナチスドイツを美化しない描き方なら問題視しない』とされるようになりましたが、『HELLSING』のように、残党とはいえ、直接ナチスドイツとして描かれているものはやはり規制の対象になったようですね」

 一方、こういった現地の法律以外の理由で描き換えられる表現もある。それが宗教関連の描写だ。今や日本のダーク・ファンタジーの代表とも言える『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)には、劇中で登場する敵役のひとりが十字架状の石に磔にされるというシーンがあるのだが、英語版では十字架から普通の石に描き換えられている【図表参照】。こうした宗教的な問題は、海外での出版に限った話ではなく、日本でも出荷停止騒動が起こっている。08年、OVA『ジョジョの奇妙な冒険Adventure6─報復の霧─』の劇中で悪役が持っている書物にコーランの一部が書かれていたため、アラビア語圏から「イスラームへの侮辱だ」と批判された。同作発売元のアナザープッシュピンプランニングはOVAを、版元の集英社は、原作の出荷を一時的に取りやめたのち、集英社はHP上にて日本語、英語、アラビア語にて事情説明の文章を発表し、騒動は収束した。

「法律的な問題や自主規制、団体からのクレームなど、描き換えられる理由はさまざまですが、"どこの国が厳しいか""表現では何が厳しいか"と言われると、国でいえば社会主義国で、表現に関しては宗教。そもそも、日本人と外国人との宗教観は大きく異なりますし、日本人は宗教に対する見解と知識が浅すぎると感じられます」(坂氏)

 では、これらの問題について作品の版元はどう考えているのだろう。少年画報社の関係者によると、「『HELLSING』におけるハーケンクロイツの描写は、ドイツの出版社の判断で修正が加えられました。日本の担当編集者は現地の法律の深い知識を持っていないこともあり、描写については基本的に発行する国の出版社に判断を委ねています。また作品内での描き換えは、現地の出版社に行ってもらいました」と語る。匿名を条件に答えてくれた大手出版社のマンガ誌編集者も同様の回答で、海外での出版については、その国のやり方に任せるというスタンスのようだ。

「映画も大ヒットした『NANA』のアメリカ版は、ドラッグを吸うシーンがある巻は18禁、それ以外でも16禁になっています。こうした行為は違法かもしれないけど、厳格に規制すると、表現やストーリー性といった、作品の奥深さを求める日本のマンガにとってマイナスにしか働かないと思う」(坂氏)

"日本の常識は世界の非常識"とはよく言われるが、その非常識さが前衛的なマンガを生み出し、そして市場を成熟させるのだ……という言い分は、やはり海外では通用しないのだろうか?
(編集部)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ