サイゾーpremium  > 特集  > 小飼 弾×元「スタジオ・ボイス」編集長 ...
第1特集
雑誌は本当にWEBに殺されるのか?【1】

小飼 弾×元「スタジオ・ボイス」編集長 危うい雑誌の未来

+お気に入りに追加

──今年7月、創刊から33年目を迎える老舗カルチャー誌「スタジオ・ボイス」が休刊した。名だたる雑誌が次々となくなる今、その存在意義が問われ、生き残るすべを各誌模索し続けている。今回、瀕死のサイゾーも救済を求めるべく、雑誌とWEBのプロに論争を繰り広げていただいた──。

1001_kogai_matsumura.jpg
泥臭くロックに浸かりながら雑誌を作り続けた松村氏(左)とホリエモンからも愛されたIT伝道者・小飼氏。異なるプラットフォームに生きる二人が紙文化の未来を忌憚なく語ってくれた。

小飼 弾(以下、) 休刊おめでとうございます!

松村正人(以下、) ありがとうございます(笑)。確かに憑きものが落ちた感じはありますけどね。

 雑誌の衰退は必然ですから。次のステージに進むためには休刊はマイナスではないですよ。

 ただ、自分の代で終えてしまったという切なさというか……。前に、「スタジオ・ボイス」(以下、SV)と同じ版元なんですが、「Tokion」という雑誌でも編集長をしていて、それも僕で終わったんですよ。またかよと(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載