サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  > 現代日本の良心!? 石田純一に学ぶ夫婦学
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第28回

現代日本の良心!? 石田純一に学ぶ夫婦学

+お気に入りに追加
0912_zurumuke.jpg

正行 今月から写真が変わったことにお気づきでしょうか? コンセプトは、女郎の志麻子姐さんに翻弄されるウブな書生のボク(笑)。実はドラマ仕立てになっているので、毎月楽しみにしてくださいね。しかし色恋といえば、最近またお騒がせの達人・石田純一が気になりますよ~。22歳も年下の東尾理子との熱愛など、この殺伐とした現代日本に(苦)笑いと潤いを与えていると言っても過言ではないと思うんです。今あえて、どうでもいいんだけど、なぜか気になる存在石田純一を評価したいですよ。

志麻子 彼は「石田純一」という職業なんですよね? 叶姉妹同様に。

正行 実際、裏表のない良い方で、会う人みんなが褒めるんですよ。さすが「純一業ひとすじ55年」!

志麻子 「週刊新潮」編集部長の中瀬ゆかりちゃんが、純一を取材した後、しばらくして編集部に戻ったところ、「ゆかりちゃん、今日は楽しかったよ」って、わざわざ本人から電話があったそうなんですよ! 有名人慣れしているはずの編集部も、さすがにどよめいたとか……。

正行 マメなフォローも大事な業務の一環なんですね。

志麻子 ジゴロキャラっていますよね。知人の美人編集者・アキコさんが、高知東生にインタビューに行ったら、いきなり「アッコ」呼ばわりされたとか……。羽賀研二も私との対談後に、「ねえ、そんなすてきな胸元に何もないって、さびしいと思わない?」ってネックレスを売りつけようとしたんです! もしも心にスキがあったら、買ってしまっていたかも。あれは見事だったわ。
正行 確かに鮮やかですけど、高知も研ちゃんも、やっぱりホストのセンスの域は出ないんですよね。育ちの差って出ると思うんです。石田純一は文化度の高い家庭に生まれたせいか、フェミニストだけどヒモじゃない。ダークな匂いが一切しないし。
志麻子 そうね、純一はAV女優との結婚歴があったり、恐喝で逮捕されたりといったような、お茶目なことはしないですもんね。

正行 しかも無理してないところがいい! だから24時間石田純一という職業を続けられるんですよ。ほかの女にも優しすぎて、女房に逃げられちゃうのが玉にキズですが(笑)。

志麻子 付き合う女性の評価も上げてくれますよね。元カノの長谷川理恵なんて、彼の恋人じゃなければ、どうってことなかったわけだし。

正行 マラソンとかベジタブルマイスターとかやってるみたいですが、今やただのモデル上がりの売れないタレントですしね。

志麻子 もし純一が娘の彼氏だったら、ウキウキして迎えちゃうわぁ。「もしかして、娘より私のほうに気があるかも?」ってカン違いしちゃうくらい、姑にも優しいと思うのよ。

正行 ただ、僕ね、純一の動向には興味津々なんですが、恋愛の中身には興味ないんですよ。ホイチョイプロのマニュアル本みたいに、薄っぺらいのがわかるじゃないですか。

志麻子 かの故・ナンシー関をして、「デート君」と言わしめたバブルっぷりですからね。

夫婦売りタレント その傾向と対策!?

正行 それにしても、理子ってパパ(東尾修)に似すぎだと思いませんか?(笑)

志麻子 父親の顔がちらつく娘って、チ○コ勃たないでしょう? 横峯さくらとか。

正行 フジ女子アナの高橋真麻も、桃太郎侍が立ちはだかってるのを想像すると萎えますよ。

志麻子 その考えで、逆にノリピーの弟とかゴマキの弟が、刑務所でどんな目に遭ってるか妄想すると……。

正行 Vシネよりスゴそうですね!

志麻子 ともかく、父親で、しかも友人だった男に似た娘ともヤレちゃうなんて、やはり純一はオンリーワンだわ。

正行 純粋すぎるんでしょう。いい年なのにバラエティ番組に乗せられてテレビで公開プロポーズとかしちゃってるし。しかし、この2人は結婚後は夫婦キャラで売っていくんでしょうか? カレーや洗剤のCMとかホイホイ出てくれそうですが。

志麻子 最近だと夫婦タレントで一番売れてるのは高橋ジョージ&三船美佳で、辻希美&杉浦太陽が若手として追い上げてる感じかしら?

正行 これだけ夫婦売りが増えてると、売り方も考えなくちゃいけませんよね。2人セットにするか、バラ売りでも話題の中で夫婦円満さを匂わせるか……。セット売りって、案外ワクがなくて、せいぜい3組くらいだと思うんです。ジョージ&美佳のほかは、北斗晶&佐々木健介とジャガー横田&木下医師という、どちらも鬼嫁キャラの女子プロレスラーなのは偶然なんでしょうか(笑)。

志麻子 ジャガーのダンナは一般人なのに出たがりですよね。

正行 北斗さんはダンナ操縦法だけでなく、料理本を出したり、ママさん売りもできるから強いですよ。

志麻子 私もママキャラで売り出してるのに、シチューとかカゼ薬のCMが全然来ないの! 「息子が童貞じゃなくなったの♪」って、あちこちで言いふらしてるからかしら?

正行 それはむしろ虐待でしょう(笑)。そうそう、ニューカマーといえば、水嶋ヒロ&絢香夫妻を忘れるところでした。ただ、2人ともリアルで人気があるはずなのに大物感がないのが不思議なんですよね。昔だったら山口百恵&三浦友和レベルのカップルだと思うんですが……。

志麻子 ドラマ『Mr.BRAIN』(TBS)でも、水嶋ヒロのほうが主役のキムタクよりもカッコ良かったですからね。よくジャニーズは共演を許可したと思うわ。ジャニタレ主演のドラマも視聴率があまりよくないみたいだから、背に腹は代えられないのかしらね。

正行 ついにジャニーズからも、禁断だった夫婦キャラの出る日が近いんじゃないでしょうか? V6のイノッチ・瀬戸朝香夫妻とか、いいと思うんですけどね。あとはTOKIOの長瀬クンと相武紗季ちゃんなんて堂々とパパラッチされてますから、結婚したら、2ショットで出て来るかも。

志麻子 時代が変わったってことかしら? イケメンといっても顔だけじゃなくて「股下力」って言葉があるくらい、プロポーションも重要だそうですから、ジャニタレにはちょっと不利かも。でも、嵐の二宮くんなんて、私が出ているお下劣情報番組『5時に夢中!』(MXTV)のファンを言してるらしいんですよ。そんなイメージダウンになるようなこと、アイドルは口が裂けても言えなかったのに!

正行 東方神起とかBIG BANGとか、岩井さんの大好物の韓国男性アイドルが続々輸入されてますから、危機感が出てきたのでは?

志麻子 確かに韓国人のほうがプロポーションがいいですよ。ウチの18歳年下韓国夫のジョンウォン君も、身長180センチありますもん。でもどちらかというと「体長1800ミリ」って感じなんですけど。

正行 頭の中がカブトムシですからね。ムシキングに出てきそうです(笑)。

志麻子 しかし、「職業・石田純一」の業務内容って何? ワイドショーで私生活を切り売りして、トーク番組で適当なコメントして、たまーに演技するって感じ?

正行 まさしくそれですよ! 彼こそがザ・芸能人なんです。よくテレビやスポーツ新聞で見るけど何をしてるかわからない人たち。試写会に呼ばれて、パーティーに顔出して、レギュラーがあるわけでもないのに、クイズやバラエティ番組にはいつも混じってるという……。

志麻子 華やかそうだけど、訳わからない人種こそが芸能人なんでしょうね。でも、テレビも予算削減で大変みたいだし、そういう曖昧な存在は消えちゃうのかしら?

正行 純一は大丈夫でしょう。仕事を選ばないから、通販番組や温泉番組でもガンガン出てくれますよ。

志麻子 純一オススメの靴下とか、不倫に使える温泉デートコースとか、むしろ話題になりそうですもんね!?

正行 景気回復のカギは、石田純一にあるのかもしれません!(笑)

<今月の業人間♂>

「前世はイタリア人」(by江原啓之)
石田純一
タレント。1954年、東京都生まれ。本名・太郎。早大在学中に学生結婚し、長男・いしだ壱成をもうけるも離婚。88年頃からトレンディドラマ俳優としてブレイク。2度目の結婚中に発した「不倫は文化」という名言(実は間違い)などで、愛と平成の色男キャラを確立。素足で革靴を履いたり、セーターを肩にかけるスタイルは、もはや伝統芸。エーゲ海での東尾理子への公開プロポーズは話題に。


<今月の業人間♀>

純一とケイン・コスギ、パパはどっちが良かった?
東尾理子
プロゴルファー(リコー所属)。野球解説者・東尾修の長女。1975年、福岡県生まれ。8歳からゴルフを始め、帝京高校在学中にゴルフ部を設立。日大時代に全米女子アマベスト8入りを果たし、99年にプロテスト合格。プレーの傍ら、レポーターを務めたり、ラジオで父親と共演するレギュラー番組を持つなど、タレントとしても活動中。9月に石田純一との婚約を発表し、来春挙式予定。


<プロフィール>
とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得、現在は土曜日『スペチャ!』(スペースシャワーTV)、月曜〜金曜日『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)のメインMCなどで活躍中。「まさゆキズム」〈http://www.sato-kikaku.co.jp/tokumitsu/〉

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。代表作は『タルドンネ 月の町』(講談社)、『べっぴんぢごく』(新潮社)。〈http://www.shimakoteikoku.com/〉


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』