サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  > 進退に揺れる【小沢ガールズ】たちの過去 
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第27回

幸夫人&小沢ガールズ、新政権の鍵は女が握る!?

+お気に入りに追加
0911_zurumuke.jpg

正行 いよいよ民主党政権がスタートしましたね!そして、田中美絵子議員のヌード映像発掘などで、さらに小沢ガールズに注目が集まってます。しかし、選挙運動中から美絵子タンは群を抜いて色っぽかったですよね。僕、ずーっと気になってて、そうしたらやっぱり……。そういう"エッチな匂い"をかぎ分ける才能なら、自信があるんですよ(笑)。坂井泉水がZARDでブレイクしたときも、「こいつ、イヤらしい過去がありそうだ」って思ってたら、あとから蒲池幸子名義で半裸の写真集出してたのが発覚しましたし。

志麻子 「有名になりたい!」とか「世に出たい!」って野心が強い人ほど、そういう武勇伝を持っちゃってるんですよね。昔の知り合いで、有名になりたくて芸能人とのスキャンダルを週刊誌に売り込んだら、風俗嬢や詐欺やってた過去を暴かれて、返り討ちに遭っちゃった娘がいましたよ。身の丈に合わない野望を抱かなければ、普通の女の幸せを手にできたんでしょうに。

正行 小沢ガールズいちのキワモノ、43歳独身ニートで有名になった磯谷香代子議員は、さすがに小沢さんがマスコミからガードしてるそうですよ。「第二のタイゾーにはしたくない」って。

志麻子 スーザン・ボイル級の貴重な処女だったりして!?

正行 でも、珍獣といえば、やはりファーストレディ・鳩山幸夫人でしょう!スピリチュアル大好きで、かの「ムー」(学習研究社)に連載を持ってたほどですから、筋金入りですよ。

志麻子 うーん、幸夫人って元宝塚なんですよね?学生の頃、クラスでもパッとしない子が目立つ方法って3通りあって、1つ目は不良になる、2つ目は病弱のフリをして同情を買う、そして3つ目は「そこに何かいる!」とか言いだして、霊感があるように装うことなんですね。私もそのプチ成功者で、怖い話をいっぱい知ってたので、まんまと稲川淳二的ポジションを獲得できたんですよ。話を聞くために人が寄ってきたので、小学校の頃から、そりゃもう話芸を磨きましたよ。幸夫人も、女優としてはパッとしなかったから、スピリチュアルに走っちゃったのかなぁと……。そうして考えると、江原啓之ってその成れの果てなんでしょうね。女の子って怖い話が好きだから、モテるためのまき餌に使ったんだろうなぁ。

正行 そういえば、僕の小学校の同級生にも、かまってほしくて「霊が見える!」って言い張るブスがいましたよ。

志麻子 評論家の呉智英さんが書いてらしたんですが、美大に入学した女の子って、1年生の夏休み明けくらいに「私、霊感があるの!」って言いだすケースが多いんですって。なんでかというと、田舎の高校では絵がうまくてチヤホヤされていたのが、都会で美大に入ってみたら自分よりはるかにハイレベルの才能がひしめいていて、そのショックを自分の中で合理化するためにそう思い込んじゃうそうで。幸夫人もそうなのかな?って。

正行 「週刊文春」(文藝春秋)によれば、「自分を良く見せるためには、ちょっと大きいことを言う方」らしいですが、まぁご本人が金星に行ったっておっしゃるんだから、本当なんでしょう。太陽も食べてるそうですし。

志麻子軍アフリカ侵攻で、意外な人に屈服宣言!?

志麻子 しかし、小沢ガールズは、これからまだまだスキャンダルが出るんでしょうか?ヌードやエロライターくらいなら可愛いもんですし、水商売までは許容範囲ですけどね。風俗までいくと、さすがに引くけど……。

正行 まぁ、現役AV嬢でも「セクシーアイドル」なんて、都合よくごまかせる時代ですからね。本人たちはどう思ってるのか、わからないですが。

志麻子 昔、空港で目立ちまくってる男女を見かけたことがあったんです。「誰?」と思ったら男は速水もこみちで、それは目立ってて当然なんですが、女のほうも特異なオーラを放ってたんですよ。美人だけどOLじゃない、かといってキャバ嬢でもモデルでもない。「うーん、なんだろう?」って思ってたらAV女優だったと。

正行 それですよ、僕が田中美絵子やZARDから嗅ぎとれる"エロ臭"と同じです。あと、現役風俗嬢アイドルがいないのは、シャレにならないくらい年齢をサバ読んでるせいかもしれません(笑)。

志麻子 知人の童貞青年が筆下ろしにソープに行ったときのことなんですが、写真も見せてもらって、店年齢・22歳の泡姫を選んだんだけど、いざ本人が現れたら全然違う! 乳も尻も垂れてて、下手したら私より年上かも……ってレベルだったそうです。あの世界では、実年齢マイナス10以上は当たり前ですからね。それを聞いた「週刊新潮」編集部長の中瀬ゆかりが「じゃあ、私もこれから体重42キロって自己申告するわ!」って(笑)。

正行 いや~(深くうなずく)、ホンットよくある話です。

志麻子 彼、熟女好きだったんですが、トラウマになってしまったようで「やっぱオナニーのほうがいいです」って……。「よし、わかった、バンコクに連れてってあげるよ。そこでめっちゃ美人のオカマとヤラせてあげるから!」って励ましたんですけどねぇ。

正行 それはトラウマの上塗りじゃないですか!(笑) 彼は一生、「美人」か「女」とはデキなくなっちゃいますよ。でも僕も「熟女好き」を名乗っていいのか、自信がなくて……。「週刊大衆」(双葉社)の生活感溢れる熟女グラビアではヌケないんですよ。 それができてこそ、「熟女好き」を名乗れるんだと思うんですよね。

志麻子 うーん、そうね、韓国男好きっていっても、イ・ビョンホンとかチャン・ドンゴンが好きって程度じゃまだまだ甘い!ってのと一緒かしら。韓国男なんて、9割はトミーズ雅みたいな顔してますもん。

正行 顔がのっぺりしてて、目が細いんですよね。俺の親父(徳光和夫)も韓国人に間違えられたりしますからね!!(笑)先日も親父が韓国に行く用事があったんですが、当日朝までパスポートが見つからなくて家族があたふたしてたら、本人が悠長に「なくても大丈夫だろ、オレ韓国人みたいな顔してっから、顔パスで通してくれるって」って。

志麻子 そう、韓国に行くといつも思うんですけど、なんで日本人にいちいち入国審査するのかしら?朝鮮半島って日本領でしょ?こっちが宗主国様なのに(真剣)! そうそう、侵略といえば、大日本帝国志麻子軍が44年目にして幻のアフリカ大陸に進軍したんですが、デカすぎるチ○コの前に、あっけなく玉砕ですよ。ナイジェリア人のチ○コ、デカすぎ!出産したのかと思っちゃいましたよ。よく男性作家特有のエロ描写で、女はチ○コがデカければデカいほど喜ぶってシーンがあるけど、あんなのウソウソウソ!心の底から叫ぶけど、デカすぎるチ○コは迷惑ですっ!!18歳年下の韓国夫ジョンウォン君もデカめでうれしかったんだけど、しょせんはインド象だったわ。アフリカ象にはかなわない!そのナイジェリア男とヤッた直後に、思わず祈っちゃったもの。「神様、私に小さなチ○コを与えてください」って。

正行 やっぱり黒人と日本人じゃ、セントバーナードとチワワくらい違うんですよね。同じ種でも交配できないっていうし。

志麻子 あぁ~、家田荘子に屈服する日が来るとは!以前にクイズ番組で共演したときはあまりのおバカっぷりに、ひそかに「物知らずさん(ハート)」と甘く見てたけど、180度見方が変わったわ。毎晩あんな巨大なモノをくわえても平気だったとは! ホント、私が未熟者でございました、これからは姐さんと呼ばせてください!?

正行 「じゃあ、ナイジェリア人のお万はどれだけデカいの?」というのが気になるところですが、本日はこのへんで!


<今月の業人間♀>

「ムー」誌上での愛称は「ハトママ」
鳩山幸
1943年、上海生まれ。ライフコーディネーター。鳩山総理夫人。61年から「若みゆき」の芸名で宝塚歌劇団で舞台に立つが、67年退団し、結婚。前夫とアメリカに滞在中に、4歳下で留学中の由紀夫と出会い、離婚を経て再婚。天真爛漫なキャラと、独特すぎるファッションセンス(赤い薔薇柄のシャツなど)で夫を支えるファンキーなファーストレディとして、世界中から注目を集めている。


<今月の業人間♀>

出演映画のDVDはタナボタ増産中
田中美絵子
1975年、石川県生まれ。衆議院議員。河村たかし名古屋市長の秘書などを経て、第45回総選挙に民主党から立候補。森元総理をギリギリまで追いつめる健闘ぶりを見せた。比例当選後に、「渋谷有栖」名義でコスプレ風俗ライターをしていたことや、映画『盲獣vs一寸法師』でヌードを披露していたことなどが明るみに出たが、河村市長から「ええ議員になる」と、逆にお墨付きをもらうことに。


<プロフィール>
とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得、現在は土曜日『スペチャ!』(スペースシャワーTV)、月曜〜金曜日『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)のメインMCなどで活躍中。「まさゆキズム」〈http://www.sato-kikaku.co.jp/tokumitsu/〉

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。代表作は『タルドンネ 月の町』(講談社)、『べっぴんぢごく』(新潮社)。〈http://www.shimakoteikoku.com/〉


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』