サイゾーpremium  > 連載  > 水谷舞の「合コン四季報」  > 宿敵の伊藤忠と再戦 伝統儀式の実態とは?
連載
水谷 舞の「合コン四季報」 第11回

宿敵の伊藤忠と再戦 伝統儀式の実態とは?

+お気に入りに追加

──元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上!の自称"合コン総研アナリスト"水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!


0910_mizutani.jpg
↑画像をクリックすると拡大します

【今月のターゲット】 伊藤忠商事 
年間売上高は、商社の中で第3位。昨年、創業150周年を迎えた伊藤忠商事は、大手の中で、唯一非財閥系。銀座の一流ブランド店への卸といえば、どこも伊藤忠といわれる繊維業界のドン。主力の繊維部門が好調で、8期連続で過去最高益を更新しウハウハ。しかし、水谷と同社の間には「ただならぬ関係」が……。

 半年ほど前、水谷が某有名雑誌の企画で「合コンしたくない会社第1位」に選んだために、取引先から散々ネタにされたという伊藤忠商事。そんな同社メンズから「リベンジを!」との声が。ならば、もう一度チャンスをあげましょうと、合コン総研・水谷舞が再調査です!

 今回は、伊藤忠本社からほど近い、表参道の和食屋で4:4にてスタート! 男性陣は伊藤忠代表3名とテレビ局社員1名の混合チーム。対する女子チームは音大卒、田園都市系女子がズラ~リ。

「合コンしたくない会社1位の伊藤忠です!」と、開き直って挨拶する"伊藤忠の瑛太"ことA氏。

 そもそも伊藤忠をワースト1位にしたのは、数年前の合コンの帰り道、同社社員とタクシーに相乗りしたら、あろうことか急に抱きつかれてチューされそうになった"伊藤チュー事件"がきっかけ。もちろん、その顛末を某誌で告発したのですが、その影響で、「この前、帰り道に女の子と一緒だったとき、『まさか抱きつきませんよね?』って警戒されちゃった。もう誰も一緒にタクシー乗ってくんないよぉ」と、B氏は恨み節モード。「そもそも抱きついたヤツは、繊維部門じゃないの?」と解説し、「うちは繊維から出発した会社だし、主力事業の繊維部門はとにかく行動が派手だよ」と、「部署が違うボクはそういうことしませ~ん」的な紳士ぶりをアピールするのはC氏。

 それでも、ある女子が「趣味でフルートを習っています♪」と言うなり、「すげ~」と食い入るように見つめたり、別の女子が航空会社勤務であることを明かした瞬間、全男子がスイッチオンしたりするなど、「わかりやすさ」を随所に見せます。しかも、合コン中盤になると酒の勢いも手伝って、女性陣に「彼氏いる?」「最近、デートしたのはいつ?」「オトコを家に入れたのはいつ?」と、直球勝負。

 非財閥系商社の雄は、三菱、三井、住友などのように、少しずつ本音を探るとか、ムードを演出してからとか、そんな回りくどいことは好みません。
 
 さて、伊藤忠といえば有名なのが「お酒様」という儀式。同僚の披露宴などで披露されるようですが、花嫁は号泣、新郎は急性アル中になって病院行き!? と噂される、この伝統儀式について聞いてみました。

「ふんどし姿(忘れた人は、トイレットペーパーで代用)の同僚たちが新郎新婦を囲んで、一升瓶を回し飲みしながら新郎の過去の悪事をひとつずつバラしていくんだ」「昔はこれが原因で成田離婚が多発。新郎が、新居予定の家に、ほかの女を連れ込んだことを暴露されちゃったり」「隣のヤツに先にネタ言われると焦る。最後のヤツは追い込まれて、言っちゃいけないことも言ってしまうらしい」……。酒の回し飲みには、「この酒は過去に新郎が付き合った女の子が流した涙。だから俺らが代わりに飲んでやる。俺らは、お酒の神だ。いつまでも見守っているからな」という、ありがた迷惑な筋書きがあるのだとか。

「商社マンって、お客さんに喜んでもらってナンボ。この前、取引先からSMバーに行きたいってリクエストがあって、片っぱしから電話かけまくって調べたよ」。ラーメンからミサイル、そしてSMバーに至るまで、総合商社の調達業務は膨大なり。

 最後に、伊藤忠の社風について一言お願いします!

「ほかの大手商社は財閥のルートがあるけど、伊藤忠は自分たちで仕事をつくっていかなくちゃなんない。創業精神が強いのがウチの特徴かな」(A氏)。財閥のしがらみがない分、自由闊達な気風が育ったと言われれば、ふんどし姿の余興も、合コンの場でストレートな言動も深く頷けます。

 でも、勢い余って「抱きつき王子」なんて言われるような、蛮行には気をつけてくださいませ。

[合コンメンズ判定]★★★★☆

「二度と合コンしたくない会社ナンバー1」の伊藤忠でしたが、このリベンジ戦を経て、大幅に評価アップ!今回はTHE商社マンらしい紳士さと、恋にストレートな伊藤忠らしさのほど良いブレンド具合が女性たちに好評でした。得意先あっての商社なので、コネ入社(もちろん、学歴も家柄も優秀ですが)も多め。ゆえにノリが良くて性格がスレていないお坊ちゃまに出会える可能性大。元CAの水谷にとって駐妻の座は大変魅力的ですが、お酒様をやられるのはちょっと……。というわけで、今回は星4つを進呈します。

[今月の合コン必勝服]
イイトコのお坊ちゃま率高めな伊藤忠メンズには、清楚なシャツワンピと帽子で田園都市線チックな魅力をアピール♪

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、〝合コン総研アナリスト〟として活躍中。公式ブログ


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』