サイゾーpremium  > 連載  > 水谷舞の「合コン四季報」  > 初対決!ガテン系男子 下ネタ口撃に唖然
連載
水谷 舞の「合コン四季報」 第10回

初対決!ガテン系男子 下ネタ口撃に唖然

+お気に入りに追加

 元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上!の自称"合コン総研アナリスト"水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

0909_mizutani.jpg
(↑ここをクリックすると拡大します)


【今月のターゲット】 ガテン系男子 
業務用エアコンの新規設置、洗浄、修理、点検までをトータルで行う空調設備業界。温暖化の影響も手伝ってか、この業界は大忙し。そんな蒸し暑い日本の夏を陰で支えているのは、ニッカポッカのガテン系空調マン。当企画初の肉体労働者=ガテン系との合コン。お寒い空気になるか、熱気に包まれるかは彼らの腕次第!?

 これまで「合コン四季報」では大手一流企業を中心に扱ってきましたが、「夏は冒険!」ということで、今回は、名もない会社で空調整備を行うガテン系に挑みます。期待と不安を抱えて、出勤です!

 今回は、麻布十番の大衆居酒屋にて4:4にてスタート!男性陣は、パンチパーマ、入れ墨、柄シャツ、ガングロ鼻ピアスに金髪と、まさにロイヤルストレートフラッシュ状態。対する女性陣は、音楽講師や高級住宅街の令嬢アナリストを揃えました。

 互いに異星人を見るようにひとしきり観察した後、男性陣からは、普段合コンの「つかみ」では聞けぬ、エピソードが次々飛び出しました。

 「空調作業中はエアコン止めるから、めちゃくちゃ暑い。この前、二日酔いで作業していると、嘔吐感に襲われて、トイレに駆け込んだら、間違えてウォシュレット押して、顔面にゲロ浴びたよ」というA氏に続いて、B氏も負けてはいません。

「酔っぱらった勢いで、六本木をフルちんダッシュしたんだ。そしたらパトカーが来たんだけど、俺は先頭走ってて気づかなかった。後ろの3人は『ヤベ!赤灯だ!』って、慌ててズボンはいてたんだけど、俺だけ完走しちゃった」と、"フル"マラソンの体験をご開陳。

C氏は、「飲み屋でボトルキープして、せっかくラベルに絵を描いても、その日のうちに3本ぐらい空けちゃうから意味がないんだ」。

 3人揃って、スケールが大きいのか小さいのかわからないおバカ話を披露してくれましたが、女性陣はかなり引き気味。場の温度が上がりません。

 そこでフォローに入ったのが、唯一の良識人とおぼしき元サラリーマンのD氏。「皆、キャバクラばっかり行ってるから、素人女子は苦手みたい」と、フォローに必死です。

 ならば、こちらから話題を振ってあげましょう。怖いもの知らずの水谷が、「この業界は、そっち系の人が多いの?」と聞いてみると……。

「うちの社長は○クザだけど、面倒見はいいぜ」と、自らもシャツを脱いで、ど派手な入れ墨を見せるB氏。触発されたC氏は、「俺にもあるぜ」と、二の腕にあるホクロとホクロの間をつまんで「ぞうさん」を披露。負けられるかと、A氏は「俺のぞうさんはもっとデカイぞう」とズボンを下ろそうとするも、女性陣の氷点下の冷気を感じ、不発で終了。

 水谷は電通得意の宴会芸「○○毛ファイヤー」を見せられているので、そっちネタには免疫があると言うと、C氏が「俺はパイパンだから燃やす毛がないんだ。パイパン同士でエッチするとスゲー気持ちいい」と恍惚とした表情で力説。水谷も負けじと「パイパン向けの下着、Iバックがあるのよ」と応戦。うかつにも、パイパントークで30分超盛り上がってしまいました。

 共通の話題もなかなか見つからないまま、社交辞令クエスチョンとして、好きな男のタイプを聞かれたので、「頭の回転の速い人です」と遠慮気味に答えたら、「照れるな~。俺、腰の回転なら負けねぇ!」と言って、空調機並みに腰を高速スイングするA氏。「食欲、睡眠欲、性欲。その基本欲求だけ満たされていればいいじゃない」と、ホッピーを煽りながら豪語する彼らですが、それって、動物と同じってことですよね?ガテン系ワールドの男臭い空気にイマイチ馴染めないまま合コン終了!

 そんな帰り道、C氏からの意外発言が……。 「オレ、実はパフォーマーなんだ」。聞けば、C氏は超有名なダンスユニットの一員とか。
「空調業界は、Wワーカーが多いんだ。ダンスやりつつ、来年の春ぐらいに起業する予定。雇われ社長だけどね」。

 これはひょっとして、大化けして勝ち組に仲間入りするかも!? 数年後にはガテン系から華麗なる転身、ニューリッチな若手起業家としてのコラム登板を期待しています!

[合コンメンズ判定]★★☆☆☆

「この酒甘すぎ!20杯飲んでも勃起できるゼ」と、発言のほとんどは下ネタ。それに耐え切れず、早々と退散する女子たち。たとえ、肉体労働で稼いだ給料のほとんどを酒とキャバクラで消失してしまっても、彼らは人間の3大欲求(特に性欲)さえ満たされていればご機嫌です。収入が少なくても、大量消費の呪縛から放たれたスローライフを彼らなりに満喫しているのでしょう。しかしながら、中には夢と才能を秘めた野心家も交じっていたりと玉石混淆。ガテン系も侮れません、というわけで、星2つを進呈します!

[今月の合コン必勝服]
たくましい身体つきのガテン系メンズには谷間見せボディコンワンピで悩殺。知性、品性より、ローカルキャバ嬢のB級セクシーっぽさが決め手♪

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、〝合コン総研アナリスト〟として活躍中。公式ブログ


無料記事
Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』