サイゾーpremium  > 特集2  > "嘘"という最大のタブーを犯す偽(フェイ...
第2特集
タブー破りのドキュメンタリーDVD──松江哲明[映画監督]

"嘘"という最大のタブーを犯す偽(フェイク)ドキュメンタリーの世界

+お気に入りに追加

──一般的には記録映像、記録作品とも呼ばれるドキュメンタリー。 演出を加えないことが前提であるため、放送コードや倫理規制をも凌駕する多くの名作が生まれたが、そんなタブー破りのDVDを選出する。

 ドキュメンタリーとは事実をそのまま撮ったものだから、ヤラセはご法度だと思いがちです。でも僕の定義では、ドキュメンタリーとは現実を素材にした物語。カメラで何かを撮ろうとした時点で、フレーム外に隠された部分を生み出すという演出をしているんですよ。つまり、作り手は自らが見たいものを選択している。そうしないとドキュメンタリーはそもそも作れませんから、嘘か本当かという点で躍起になるのはリテラシーが低いということなんです。

 そこで今回は、タブーとされる嘘をついたドキュメンタリー──あらかじめ台本があるのにドキュメンタリーのスタイルで撮っている「フェイク・ドキュメンタリー」を選びました。まず外せないのが『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』【1】。ニュージーランド出身のピーター・ジャクソンが1908年に製作されたコリン・マッケンジーという監督のフィルムを発見したことで、映画の歴史が浅いニュージーランドでトーキーもカラーも全部先取りしていた人物の存在が明らかとなり、映画史が変わるという作品です。当然それはフィクションですけど感動的なのは、監督のピーター・ジャクソン自身がその後ハリウッド進出して『ロード・オブ・ザ・リング』などを撮ったニュージーランド映画界の開拓者であること。その彼が96年に同作品をテレビ放送したら視聴者はみんな信じちゃった(笑)。でもそれは素敵な嘘ですし、フェイク・ドキュメンタリーのあり方として正しいはずです。

 そんな『コリン~』のように、フェイク・ドキュメンタリーが最も機能するのはテレビなんです。不特定多数の人を騙せますからね。その意味では、『放送禁止』【2】シリーズは秀作ですよ。面白いのは、真実とはひと言も語られないオカルト・ドラマなのに、それが徹底的にわからないように作られていることです。霊媒師や怖がるタレントがいる安っぽいオカルト番組ではなく、テロップやナレーションを最小限に抑えた報道ドキュメンタリー風に見せている。そのため、視聴者の頭の中に真実を作ることができ、深夜に寝転がって観ていた人たちを「なんじゃこりゃ!」と起き上がらせることができたのです(笑)。

 そして、フェイク・ドキュメンタリーの最新形が『オカルト』【3】。かの『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のようなハリウッドのフェイク・ドキュメンタリーがぶつかってきた壁は、有名俳優を起用しなかったり、CGでリアリティを出したり、作り手が嘘なのに本当のフリをしなければならなかったことです。しかしこの映画は、白石晃士監督が通り魔殺人事件の真相を究明しようと取材を進めていくうちに、事件現場の映像にUFOが映っていたり、インタビュー・シーンで映画監督の黒沢清さんや漫画家の渡辺ペコさんが実名で登場したり、最後には未来や別の次元まで見せてしまうなど、次々とあり得ないことが起こる。そう、嘘をどんどんバラしていくんです。そんなフェイク・ドキュメンタリーは観たことがなかった。これは世界中で最も進んだドキュメンタリーですよ。

 これらの3本を観て「単なるヤラセじゃん」と思考停止してしまう人もいるでしょう。でもドキュメンタリーは手法に差はあれど、何を伝えるかというその役割に違いはないです。むしろ、フェイクのほうが作り手のメッセージをダイレクトに届けられる場合もありますからね。それを知れば、ドキュメンタリーの深さをより感じられるはずです。
(談)

0910_P105_DVD01.jpg

【1】『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』
1996年製作/監督:ピーター・ジャクソン/松竹ホームビデオ/廃版(ニュージーランド)
ピーター・ジャクソン監督の幻の快作。映画の歴史が浅いニュージーランドでD・W・グリフィス以前にスペクタクル映画を撮っていた監督がいた......という虚構に基づく。


0910_P105_DVD02.jpg

【2】『放送禁止 DVD封印BOX』
2003年放送/企画・構成・演出:長江俊和/7980円/ポニーキャニオン(日本)
03年4月からフジテレビで深夜放送されたテレビシリーズ。巷で噂になっている不可思議な現象に迫る......というスタイル。フェイクに目くじらを立てるのは笑止!


0910_P105_DVD03.jpg

【3】『オカルト』
2008年製作/監督:白石晃士/3990円/クリエイティブ アクザ(日本)
無差別殺人、幽霊、ネットカフェ難民、古代文字、UFO等々の項目が並列する新感覚ドキュメンタリー。Hair Stylistics(中原昌也)の音楽が怪しさを増幅。


0910_matsue.jpg

まつえ・てつあき
1977年、東京出身のドキュメンタリー監督。99年に在日コリアンである自身の家族を撮った『あんにょんキムチ』でデビュー。他の作品に『童貞。をプロデュース』(07)など。新作『あんにょん由美香』公開中。『ライブテープ』が近日公開予定。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』