サイゾーpremium  > 特集2  > 自殺、自然破壊、犯罪行為......禁忌...
第2特集
タブー破りのドキュメンタリーDVD──五十嵐太郎[建築評論家]

自殺、自然破壊、犯罪行為......禁忌の風景に宿る崇高性を観る

+お気に入りに追加

──一般的には記録映像、記録作品とも呼ばれるドキュメンタリー。 演出を加えないことが前提であるため、放送コードや倫理規制をも凌駕する多くの名作が生まれたが、そんなタブー破りのDVDを選出する。

 その存在自体が一種のタブーと化した『ワラッテイイトモ、』という作品に私はかかわっていたことがあるんです。K. K.さんという作家が『笑っていいとも!』(フジ)の映像を徹底的にサンプリングしたアート作品ですが、日常に浸透しきった国民的番組のタモリを題材としたドキュメンタリーでもあります。2003年のキリンアートアワードでは、一度は最優秀賞に選ばれたものの、肖像権や著作権の問題から公開が自粛され、特別優秀賞という枠で受賞することに。意図せずアートをめぐる権利問題を浮上させ、賞制度を揺るがす事態になったんですね。アートとはリスクのエッジの部分で表現すべきものですから、こうした硬直した状況は起こるべくして起こったものです。だから、これは映像をめぐる状況の変化を鮮やかに切断して示しました。以来、私は『笑っていいとも!』を見ることができなくなりました(笑)。それほど、スムーズな日常に隠蔽されている映像に不気味さを覚えたんですね。

 こうした何げない日常を一変させたドキュメンタリーといえば『ブリッジ』【1】です。観光名所であるサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを定点観測したものですが、カメラは本来の目的を隠して置かれました。

 実は、その橋は自殺の名所でもあるんです。この作品では、人が亡くなる瞬間を目撃することになります。日本と同様、自殺問題を抱えるアメリカの精神状況と、名勝をつなげたのがこの作品の巧みさですが、自殺の抑止という狙いよりも、産業景観の誘惑に惹き込まれます。崇高な風景を前にして人間をとても小さな存在だと感じる、畏れと厳しさが立ち現れているんです。

『いま ここにある風景』【2】にも同じことが言えます。中国を舞台にして、汚染された壮絶な風景が切り取られているのですが、エコロジーのメッセージを発信しながらも、その風景を美しく見せる、非常に両義的な作品です。

 たとえばアル・ゴア『不都合な真実』は、環境破壊を社会問題として教条主義的に、あるいは「このままでは世界が終わる」という終末論で恐怖を煽るものでしたが、これはまったく異なるアプローチです。もちろん、美しく見せることで問題を隠蔽しているという批判はあるにせよ、議論とは別にテクノスケープの誘惑がある。それが映像の深みだと思います。また、 18世紀の美学で自然物に対して発見された崇高性が、むしろ自然を破壊する人為的な風景に宿っているという逆説的な美のあり方を提示しています。

 同じ風景を美しいと思うか醜いと思うか、あるものをどう受け止めるか、それはコード化できません。空間の使用法も同様です。対岸に渡るはずの橋が彼岸へ逝く場となったのが『ブリッジ』でしたが、綱渡りの半生を描いた『マン・オン・ワイヤー』【3】では二本の塔=ワールドトレードセンターが渡る舞台としてあります。オフィシャルには許されない、かなり特殊な反応ですが、「二本あるから、そこに綱をかけて渡る」という解釈は論理的に正しいと思うんですね。同じ建物から想起される究極的なカタストロフとして9・11がありますが、それに言及することなく、個人の力を最大限に発揮して二本の塔に向き合うというオルタナティヴを示したのも見事です。

 ドキュメンタリーは、あたかも一方的な見方で社会変革を目指しているように見えます。しかし、さまざまな受容の広がりを持つのが映像の特徴です。人間が互いの顔を読むように、映し出された風景の表情を見つめるのがドキュメンタリーの醍醐味ではないでしょうか。
(談)

0910_P106_DVD01.jpg

【1】『ブリッジ』
2006年製作/監督:エリック・スティール/3990円/アミューズソフトエンタテインメント(アメリカ)
サンフランシスコの象徴であり、自殺の名所でもあるゴールデンゲートブリッジ。そこから身投げする人々を映した問題作は一方で、美しき風景を切り取る。


0910_P106_DVD02.jpg

【2】『いま ここにある風景』
2006年製作/監督:ジェニファー・バイチウォル/Metropole Canada/輸入盤(カナダ)
カナダの写真家エドワード・バーティンスキーが撮る産業の発展で様変わりする中国の風景を主題とするが、映し出されるテクノスケープは不思議と崇高。


0910_P106_DVD03.jpg

【3】『マン・オン・ワイヤー』
2008年製作/監督:ジェームズ・マーシュ/Magnolia/輸入盤(イギリス)
今は亡きワールドトレードセンターで1974年に綱渡りした大道芸人、フィリップ・プティの半生を追う。その行為はイリーガルだが、見る者に感動をもたらす。


0910_igarashi.jpg

いがらし・たろう
1967年パリ生まれ。建築史・建築批評家。現在、東北大学教授。著書に『新論 新宗教と巨大建築』(筑摩書房)、『戦争と建築』(晶文社)、『映画的建築/建築的映画』(春秋社)など。編著に『ヤンキー文化論序説』(河出書房新社)。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』