サイゾーpremium  > 特集  > 有料サイト「アクセスジャーナル」で追及!...
第1特集
光通信、みずほ、INAX......タブーなき男が狙う"企業の闇"【2】

有料サイト「アクセスジャーナル」で追及! 最新有名企業スキャンダル

+お気に入りに追加

光通信・ソフトバンク携帯"寝かせ"疑惑

 近年、契約者数純増トップを喧伝するソフトバンク(SB)だが、これを支えるのが光通信なのだという。携帯キャリアは、契約数に応じて販売代理店に奨励金を支払っている。このため代理店には、名義だけ借りて契約数を増やしているところもある。"寝かせ"と呼ばれるこの行為、光通信は子会社を使って、法人単位で行っているようなのだ。

「SB携帯を1台契約すると、契約者に2年分の月額基本料がキャッシュバックされます。100台契約すれば、約235万円の現金が翌月に振り込まれるんです。毎月基本料を支払わなければいけませんが、2年間返済、しかも無利子でお金を借りているようなものです」(山岡氏)

 つまり、資金繰りが良くなるので、使わない携帯を大量に契約する法人が出てくるのだ。今や全体の契約数の3割が光通信によるもので、そのかなりが"寝かせ"なのだとか。 「最近になり、さすがに自分の首を絞めると思ったSBは、こうした営業に規制をかけ、今は"寝かせ"ができないようです」(同)

 この疑惑、大手メディアで報じたのは「週刊文春」のみ。アクセスジャーナルは「文春」に先駆けて、これを報じている。

INAX工場への派遣会社・山口組企業舎弟疑惑

 東証1部「住生活グループ」傘下で、トイレ等の製造・販売をするINAX。その工場に山口組の企業舎弟が従業員を派遣しているのだという。「INAXの上野緑工場に社員を派遣している『もり商事』の代表が現役山口組有力団体組員。INAXはそれを知りつつ、長年働かせ、便宜まで図っていたんです」(山岡氏)

 山岡氏は、このほか多くの疑惑を相当前から把握し、資料や証拠を住生活グループに提供。同社側も警察や外部委員等を招き調査すると説明していた。

「その結果を待って記事にするつもりでしたが、いつまでも結果が出ない上に、他メディアの取材に、『そんな事実はない』と回答しているようなので『もう待てない』と思い、出先の社員が山口組組員で、逮捕されたことだけ書きました」(同)

 なお、その後、「もり商事」社長は強要未遂で逮捕され、さすがにINAXは契約を切っている。

みずほ銀行・顧客情報不正アクセス疑惑

 銀行口座を開設する際、登録が必要な個人情報を第三者に提供したという疑惑が、みずほ銀行に浮上しているのだ。

「みずほをメインバンクにしている、そこそこの企業の幹部が、ある女性のことを好きになったらしいんですよ。その男は直接みずほとやり取りができるポジションにはいなかったので、直のコネのある部長に『再婚を考えていて、なんとかならないですか』という感じで、相談したようなんです。この上司もそれを承諾して、みずほ側に尋ねたら、たまたまその女性の口座があったので、住所などを聞き出したようなんです」(山岡氏)

 女性がなぜ、そのいきさつを知ったのか?

「この男も変わっていて『俺は偉い立場にいて、銀行から住所を聞き出すこともできるんだぞ』という感じで自慢げに語ったんですよ。女性は、その音声も記録しています」

 女性はそうした証拠と共に、みずほ銀行と、この男性の勤める企業を訴えたが、男の証言だけでは証拠として乏しいとされ門前払いされたのだという。

「その男は、表向き退職しました。ところがその後、顧問としてまた戻っているんですよ。退職金も1000万円ぐらいもらっているのに」(同)

 事実であれば大問題。個人情報の取り扱いには十分気をつけてほしいものだが……。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』