サイゾーpremium  > 特集  > 元祖・大川総裁がおススメ! 「キリストの...
第1特集
静かなるベストセラー作家・大川隆法の"華麗なる来歴"【3】

元祖・大川総裁がおススメ! 「キリストの紹介でニュートンはマザー・テレサに面会 !?」

+お気に入りに追加

 この三次元世界には、もうひとりの「大川総裁」がいる。大川興業の大川豊総裁だ。実は大川隆法氏の著作に造詣が深いという大川豊総裁に、それらの見どころなどを伺った。

0907_okawasosai.jpg
大川興業・大川豊総裁。

──大川隆法氏の著作は、どのくらい読まれていますか?

「主要なものは全部読んでるよ。特に『太陽の法』はすごい。金星に神々が高度な文明を実験的に作って、とても繁栄したんだけど、神様が『もういいだろ』ってノリで突然やめちゃったり、宇宙各地から地球に移民がやってきて欲望が渦巻く地獄ができて──なんていう楽しい本には、なかなかお目にかかれないよ。サイエントロジー(トム・クルーズなどが入信しているアメリカの新興宗教)なんかが、割と似ているから、比較しながら読んだりすると面白いよ。多分、幸福の科学は影響を受けているんじゃないかな」

──オススメの本はありますか?

「モーゼとかピカソが降りてきて語る『霊言全集』【9】は面白いよ。その中でニュートンが話してたけど、彼は今、女性の生理を排便のようにできる研究をしているらしいんだよ。これは全人類の女性は非常に助かる。さすがニュートンだよね。そういう系が最近ちょっとないんだけど、『繁栄の法』では、キリストの紹介で、マザー・テレサに会ってるんだよ。簡単には会えないらしいんだけど、さすがにマザー・テレサもキリストに紹介されたら、会わないわけにはいかないよね」

──ところで、どちらも「大川総裁」なのには、何か関係があるんですか?

「こっちが先だよ。向こうはもともと、主宰先生と呼ばれてたし、俺は本名だけど、向こうは、元は中川隆。よもや肩書をパクるとは思わなかったよね。しかも我々は総裁選をやり、民意で選ばれている。最近、大川隆法が痩せてきてるみたいで、大川興業のファンの方から『大川隆法氏は、最近だんだん総裁に似てきたんじゃないか』って言われるんだよね。角刈りにして学ランを着だしたらどうしようと思うよ」

──先日『幸福実現党』が......。

「そうなんだよ! 『ついに立ち上がったのか』という感じで、非常に注目してるよ」

──候補者を公募しているようですよ。

「なぜ、早く俺に声をかけないのか、と。ギャグみたいだけど、実は俺には公明党と自由連合以外のすべての政党からオファーがきてる(笑)」

──選挙に出る予定があるんですか?

「まったくない! 北朝鮮の選挙とかなら出てみたいけど。それより、最近ホリエモンと対談したんだけど、彼は今ロケットに興味があるんだよね。だから、彼が宇宙党的なものを作って、また選挙に出る。そして、幸福実現党と一緒に『一緒に火星へ行こう!』なんて言ったら夢があって最高だよ。しかも、民主党の鳩山由紀夫代表は、政界では宇宙人といわれている。だから、宇宙大連立をお願いしたい」

 ホリエモンと幸福実現党、民主党がまさかの連立政権で、金星への巡礼が現実のものに!?

【9】『大川隆法霊言全集』
大川隆法/(99年)/非売品(教団施設で頒布)

天照大神、ピカソ、エジソン、日蓮、ゼウス、イエス・キリスト......。大川氏を通じて語られる、神々や偉人たちの思想の数々。話す内容が生前と異なるのは、死後の心情の変化?

大川豊(おおかわ・ゆたか)
1962年2月14日生まれ。大川興業代表取締役総裁。政治、社会、経済ネタを得意とする、硬派な(?)お笑いタレントとして活躍。6月24日に大川興業主催のライブ「すっとこどっこい」が開催(詳細は、公式サイト)。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ