サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > どん兵衛やU・F・Oの麺は縮れているほう...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第41回

どん兵衛やU・F・Oの麺は縮れているほうが美味しいと 思うんですが、なんでストレートにしちゃったんですか?

+お気に入りに追加

今回の回答者:日清食品お客様相談センター

 今年の春のテレビ業界の変わりようといったら。特に私の主戦場であるバラエティ界は、「激震」が起こったといっても過言ではない。ご存じの通り、日テレとTBSが19時台にぶち抜きで帯番組をスタートさせたからだ。そのため、長年19時台で親しまれてきた人気バラエティがほかの時間帯にお引っ越しと相成った(番組を担当するスタッフの立場からすれば、ちゃんと家賃=視聴率を払っていたのに強制退去させられた感じ......)。

 自分のやってるレギュラーでいうと、『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ)が各局の看板バラエティひしめく木曜20時へ枠移動。さらに日曜20時の『ジャンクSPORTS』(フジ)のウラに『うたばん』(TBS)が移ってきて、これまで以上の激戦区に。ほかの枠も、19時台でブイブイいってた強豪がド〜ンとウラに来たことで、明らかに勢力分布図が変わりつつある。局のおエラいさんの決定に、我々のような出入り業者は1ミリも逆らえないが、ひとりの放送作家としての本音を言わせてもらうなら「みんなそれなりに仲良く共存してきたものを、何してくれてんねん、ホンマに!」と大阪弁で嘆きたい気分である。

 さらにこの春、もうひとつ劇的に変わったものがある。そう、永遠の定番ロングセラー食品、日清の「どん兵衛」「焼そばU・F・O」が、誰も頼んでないのに一気に「麺がストレート化」したのだ。それだけじゃない。私がこよなく愛し、焼酎のツマミにピッタリだった「カップヌードルの肉」が角切りチャーシュー「コロ・チャー」に。早速食べてみたのだが、豚の味が強く出すぎてて個人的にはイマイチ。もちろん「カップ麺は縮れているからこそウマイ」と思ってるので、「ぴんそばFUCK OFF!!」なのであった。

 だから直接、日清食品お客様相談センターに聞いてみた。

『どん兵衛やU・F・Oの麺は縮れているほうが美味しいと思うんですが、なんでストレートにしちゃったんですか?』

担当者 あ〜(タメ息気味に)。はい......。やはり、あの、麺を変えることによって評価をいただくこともあり、また前のほうが良かったという意見もございまして......。私どもも、あの、その都度その都度でいい商品をつくろうとやってはいるのですが......。やはり昔のほうがなじみもあったし美味しかったという意見がありますね(無念そうに)。

──なのに、なぜストレートに?

担当者 もともと(生麺のように)ストレートの麺を目指してはいたんですけど、最近になってようやく技術が追いついてきたということなんです。

──その技術の開発は、大変だったんですか?

担当者 数年かかりましたね。生産ラインの設備なども、変えなければならないので。

 担当者のコトバのニュアンスの端々から、やはり保守的な(!?)私のようなカップ麺ファンから「ストレート化反対!」の声がけっこう届いているのがわかった。では、もうアノ縮れ麺は一生食べられないのであろうか!?

担当者 たまに(社内外の)声としては「(縮れ麺とストレート麺の)両方というようなことで販売はどうか」という意見は出ております。いわゆる併売ですね。

 おっ!じゃあ、もう検討中なのかよ。てか、それなら元のまんまでよくないか!? ──思わず今年の春の番組改編と同じ感想を抱いてしまった私なのでありました。

[日清食品]
1948年に創業した国内最大級の加工食品メーカー。58年には世界初となるインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売。ちなみに「日清カップヌードル ライト」のCMやポスターでは、元フジの女子アナ内田恭子のセミヌードが話題となったが、上はチューブトップ、下はホットパンツでの撮影だったという。

さめはだ・もんぢゅ
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。今回のギモンに関して、日清の「どん兵衛」のそばとうどん、「焼そばU・F・O」「カップヌードル」(コロ・チャー入り)を一気に全部試食してみたら、思っくそ胸ヤケしてしまった。もうカップ麺をバカバカ食う年じゃないんだな......と、遠い目になるアラフォー男なのでありました。ゲフッ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』