サイゾーpremium  > 特集  > 人気グラドルが暴露!「男性と恋愛したこと...
第1特集
辰巳奈都子がグラドル界に毒ガス大噴射!

人気グラドルが暴露!「男性と恋愛したことないって虚言癖じゃないですかっ!!」

+お気に入りに追加
0905_tatsumi_re.jpg
可愛い毒舌、辰巳嬢。

──「グラビアアイドルは虚飾の世界」なんてよく言うけれど、はたしてその実態はどうなってるの!? ということで、"ぶっちゃけトーク"が一部で人気を博している現役グラドル・辰巳奈都子嬢に直撃した!

 辰巳奈都子嬢は「週刊SPA!」(扶桑社)の「グラビアン魂アワード08」で リリーフランキー大賞を受賞、また「ミスFLASH2007」ではグランプリを受賞、写真集もすでに3冊刊行している、売れっ子グラビアアイドルだ。

 そんな彼女が、関西ローカルのバラエティ『南パラZZZ!生で行きます3時間 年の瀬に毒舌なタレントさんばっかり集めちゃいましたSP』(関西テレビ/12月30日生放送)に出演したとき、事件は起こった!(同番組には3回目の出演)

「私、グラドルが嫌いなんです」「グラドルたちは仲が良いフリをしてるだけ、本当は悪口だらけ」といった誰もが予想しなかったグラドル界へ毒ガス噴射! 同時に出演していた同じ事務所のグラドル青島あきなが「そんなことはない」と否定すると、青島嬢に対して、「そんなことあるよ~」と突っかかり、まさにメッタ斬り! 有吉弘行、友近ら当代きっての毒舌キャラも感心するほどの大噴火ぶりで、その様子を目の当たりにした南海キャンディーズ・山ちゃんが彼女に与えた称号はズバリ、 毒舌プリンセス!

 しかし、彼女はただ単に毒を吐いていたわけでは、けっしてない。グラビアアイドル界の腐敗を憂う勤王の志士だったのだ!

──辰巳さんは『南パラ』という番組の中で、 毒舌プリンセス という称号を与えられたわけですが、どんな経緯だったんですか?

辰巳 番組収録前のアンケートに「芸能界で仲のいい人はいますか?」という質問があったんです。でも、いないんですよね(笑)。なんで芸能界に友達が少ないんだろうと考えたら「あ、私、同じ仕事をしている女の子たちが嫌いなんだ」と。

──つまり、グラビアアイドルが嫌いってことですね?

辰巳 はい。グラビアアイドルが集まるような鍋を囲む会に、私も何度か行ったことがあるんですけど、お互いに牽制しながら会話しているだけだから、もう早く帰りたくて帰りたくて(笑)。あと、楽屋に女の子が8人ぐらいいると、ホントに息苦しいんです(笑)。そのことをアンケートにそのまま書いて番組で話したら、ほかの出演者から「アンタ、何言ってんの!」って(笑)。それでそういうあだ名になっちゃいました(可愛らしく)。

──最初に番組に辰巳さんが呼ばれたのは、普通のグラビアアイドルとしてだったんですよね。

辰巳 むしろグラビア界の仲のいい話をしてください、って感じでした。まったく反対のことを言ってしまったので、みなさん若干引き気味でしたけど(笑)。

──で、辰巳さんのブログを拝見させていただいたんですけど、すごく内容が上品というかソツがないんですよ。毒舌をキャラにしていない。つまりグラビアアイドルへの毒舌は辰巳さんの心の叫びなんだな、ということがよくわかったんです(笑)。

辰巳 はい(笑)。そうですね、やっぱりブログは文章でしか伝えられないから、そういうことを書くと、きっと誤解する人も出てくるでしょうし。テレビとか、何か聞かれたらすぐに答えられるような場所でしか言わないでしょうね。

楽屋での会話は下ネタと彼氏の話

──いつ頃からグラビアの世界が変だなと思い始めましたか?

辰巳  私は映画の『スウィングガールズ』(04年)でデビューして、その後、グラビアの世界に入ったんですが……グラビアって女の子を一番可愛く見せる仕事じゃないですか。でも、グラビアアイドルの女の子たちの控室での会話って、ホントにえげつないんですよ。

──今、すごく嫌そうな顔してましたね(笑)。

辰巳 嫌なんですよ。すごく嫌。

──いったいどんな会話なんですか?

辰巳 「同棲をしている彼氏が……」とか(笑)。「聞いてもないのに、そんなこと言っちゃっていいの!?」みたいな。あとは下ネタだったり。そういう子が一緒にいると、同じ仕事をする者としてテンションが落ちるんです。だからグラビアの女の子たちと多人数で仕事をするときは、何日か前から憂鬱になっちゃう。裏側で誰も聞いていないと思って交わされている話がホントにえげつない!

──実際にグラビアアイドル同士って仲は良くないんですか?

辰巳 もちろん仲の良い子たちもいるんでしょうけど、私はあまり仲が良くないですね(笑)。興味があれば一緒に遊んだりもするかもしれませんけど……。

──彼氏の話とか下ネタそのものが嫌ではないんですよね。言いかえれば、真剣な仕事の現場でそういう話をされるのが嫌いだと。

辰巳 仕事に対する意識が低いんだと思います。私のほうが異常なのかもしれないですけど、私はそう思います。あるグラビアアイドルの子と一緒にご飯食べに行ったとき、彼氏の話をすごくされたんですけど……テレビでは「私は恋愛した経験がなく、一回も男性とお付き合いしたことがないんですぅ」って言ってるんですよ(笑)。すごいっていうか……逆にもう、なんか病気なんじゃないかと。

──虚言癖とか二重人格とか(笑)。

辰巳 病気っていうのはヒドいですけど!(笑)でも、私もいずれ「彼氏の話をしてください」って言われる時が来ると思うんですよ。そのときに心から「いない」って答えることができるように、彼氏は作らないし、デートもしないようにしています。グラビアアイドルにもプライベートはあってもいいと思うんですけど、私は徹底したい。だってブログを見ていても、彼氏の部屋で撮った写真を平気でアップしているグラビアアイドルの子もいるんですよ(笑)。

──えーっ!

辰巳 知っている人が見るとわかっちゃうんですよ。ウソをついているつもりはなくても、油断している部分はあると思いますね。

ブログも私生活も自己プロデュース

──辰巳さんはブログで「彼氏ができたら発表しますか?」というファンからの質問に対して、「お仕事に専念していますのでそういう機会もないと思います」と答えていました。それは辰巳さんが描く理想のグラビアアイドルとしてのあり方ということなんでしょうか?

辰巳 そうですね。彼氏がいるグラビアアイドルも何人も知ってますし、彼氏がいても活躍している子も知っているんですけど、私はそうじゃないぞ、と言いたかったんです。たとえば、安田美沙子さんのようなグラビアの頂点に立っている方が恋人を発表するのはいいと思うんです。でも、私はまだそのレベルではないですし。この仕事をしているなら、彼氏はいないか、結婚して引退するかのどちらかにしたいですね。中途半端な気持ちでいるとあとから絶対にツケが回ってきそうで怖いんです。

 今はグラビア(アイドル)が売れないって言われていますけど、その原因のひとつは、グラビアアイドルから男の人の匂いがするからだと私は思うんです。インタビューのコメントにも気をつけなきゃいけないし、ブログも絶対素が出ますからね。「○○でゴハン食べました」って書いてあっても、絶対にその仕事(収入)で、そんな高級な場所に行けないでしょ! って思うじゃないですか(笑)。私たちのレベルだったらファミレスぐらいでしょ、って。

──ブログも私生活も自己プロデュースしなさいよ、と。

辰巳 そうですね。自分で決められることなんですから。

水着を着る仕事をやり通したい!

──ところで、現場でなにかイヤなことがあると、家に帰って大好きなマリリン・マンソンを爆音で聴くんですよね?(笑)

辰巳 家に帰るどころか、その場を出た瞬間ですよ!(笑) グラビアアイドルがだんだん普通の女の子に近い感じになっているのはよくないと思いますよ。雑誌を見ても、一般の女の子と、グラビアの女の子が同じに見えたりしますよね。

──それはつまり、グラビアアイドルへのハードルが下がっているということですか?

辰巳 ちょっと人数が増えすぎていますね。もちろん私が言える立場ではないんですけど、「どうしてこの子がテレビや雑誌に出てるんだろう?」と視聴者に思われてしまっているんじゃないかな。今、キャバクラ系モデルのアゲハ嬢とかいるじゃないですか。みんな可愛いですし、女の子たちからも支持されている。よく知らない大人の人からすれば、モデルもグラビアアイドルも同じように見られると思うんです。だからグラビアイドルの活躍の場がどんどんなくなっている。モデルの女の子も水着の写真集とか出してますよね。買って見てみると、スタイルもいいし、可愛い。「じゃあ、私たちには何ができるんだろう?」って必死に考えているところですね。

──フリーキャスター軍団も迫ってきてますよね。

辰巳 あ~~~っ!(笑) 小林麻央さんとか、キレイだし頭も良いし、私たちにはどうしようもないですよ! 皆藤愛子さんと番組でご一緒させていただいたこともあるんですけど、完全にアイドル的な存在でしたね。これはもう居場所がない! と思っちゃいました(笑)。

──では今後、辰巳さんはグラビアアイドルとしてどうやって戦っていくつもりですか?

辰巳 やっぱり水着を着て一番似合うのはグラビアアイドルであるべきなんです。2~3年後に私がもっとステップアップしていたとしても、絶対に水着の面積は大きくしません。むしろどんどん小さくしたい。見ている人が「えっ」と驚くぐらいに。そういう覚悟を決めるしか、道は残されていないんじゃないかと思います。最初に水着を着る仕事を選んだわけですから、ファンの方が喜んでくれるなら最後までやり通したいですね。

0905_tatsumi_prof.jpg

辰巳奈都子(たつみ・なつこ)
1988年、東京都生まれ。O型。スリーサイズはB82、W56、H82。4月から始まる新番組『プロモるーむ』(スカパー!)に出演。5月11日には写真集『月刊辰巳奈都子~罪~』と『月刊辰巳奈都子~罰~』(共に新潮社)が2冊同時に発売される。特技は絶対音感、エレクトーン。趣味はカラオケ。詳しくは所属事務所HPhttp://www.18pro.co.jp。辰巳奈都子オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/tatsuminatsuko/


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ