サイゾーpremium  > 特集2  > オスカープロモーション幹部が提言!「歌を...
第2特集
上戸彩 人気のヒミツを徹底解明【5】

オスカープロモーション幹部が提言!「歌を聴いて大物になる」と確信

+お気に入りに追加

デビュー以来ナマの上戸彩を見守り続けてきたオスカープロモーション宣伝本部長・今井一郎氏に、マネジメントの側から見た「人間・上戸彩」について聞く!!

──上戸彩のデビューのきっかけは、1997年に行われた「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞したこと。それまで数々のスターの原石を発掘してきた今井さんから見て、彼女のどこが魅力的だったのでしょうか?

今井一郎(以下、) 一言で言えば、自由奔放なキャラクターです。彼女は本選の直前の面接で、ほかの参加者が極度に緊張している中、特に緊張も感じさせず、こちらの質問に的確な返事を返してきた。わずか11歳、小学校6年生の女の子がですよ。それで、「見た目は子どもだけど頭の回転は速いし、いいキャラクターをしている。この子は大物になるかも」と、将来性を感じたんです。その翌日、決してうまいわけではないですが、堂々と歌を歌い上げ、奔放なキャラクター全開だった本選を見たとき、その思いは確信に変わったんですよ。

──事務所は彼女に対して、どのような将来像を見たのでしょうか?

 女優です。ただ顔がキレイなだけではなく、キャラクターが立ったタイプの女優。そうした事務所の考えは今でも変わってないですし、その方向性を本人と共有するため、3年先くらいまでは常に、今後の仕事のあり方について本人と意思疎通するようにしています。

──とはいえ、女優活動と並行して、CDデビューも果たしている。そのせいか、世間的には「上戸彩=アイドル」という認識も強いです。

 歌手デビューは、彼女の最大の武器である表現力をさらに磨くため。CDをリリースすればライブでダンスを披露する必要も出てくるなど、女優とは違った表現力を養えますからね。上戸を本格派女優に育てるという方向性は、デビュー以来まったく変わっていませんよ。

──01年、当時それほど知名度のなかった上戸彩を一躍全国区にした『3年B組金八先生』への出演も、上戸彩の本格派女優としてのキャリアに必要な役だったからこそ、決めたのでしょうか?

 そうです。金八先生で上戸が演じた性同一性障害を抱える生徒の役は、まさに彼女のキャラクターを生かせるものであったし、彼女にしかできないと感じていたんです。だからこそ、あの難しい役をこなすことにより、彼女がブレイクするであろうとの予想もしていました。

──「金八先生」でのブレイク後、上戸彩は女優として多数のドラマに出演していきます。しかし、好成績を残すものと成績の振るわないものとが極端に分かれることとなりました。そのことをどのように考えていますか?

 上戸が主演して好成績を残したものは、スポ根ものやラブコメ、職業ものなどです。彼女は、自分のキャラクターを生かせるドラマでこそ輝くタイプ。逆に言えば、成績が振るわなかったドラマは、役がハマらず、彼女の魅力を全面的に出せなかったものです。彼女の役に合わないオファーが来ることもありますしね。

──逆にCMは、"女王"の名をほしいままにするほど、出演作の好感度が高いです。

 CMは、上戸の魅力を生かせるようなオファーが多いんですよ。また、自分のキャラクターを15〜30秒でアピールできるのが、彼女の特技でもありますしね。ドラマはCMからCMまでの間隔が15分くらいありますが、それは、今の視聴者にとっては少々長く、我慢できないものなんだと思います。そういった面でも、CMのほうが評価をされやすいのかもしれないですね。

──だとすれば、ドラマ視聴率の低空飛行は今後ますます加速する可能性もあります。彼女は、過去の出演ドラマが低視聴率でも出演オファーが絶えないようですが、ドラマが低視聴率だと主演俳優は戦犯のような扱いをされます。そのことは、イメージ悪化につながりませんか?

 ドラマの不調を主演者のせいだけにするのは、誤りではないでしょうか。実際、今でも上戸に出演オファーが絶えないことは、上戸の魅力がまったく損なわれていないことを表していると思います。ただ、全体的にテレビドラマというものが厳しい状況に追い込まれているのは事実でしょうから、今後は、オファーされた企画を今まで以上に精査し、より上戸に合った企画に重点を置いていくことになるでしょうね。
(構成/エリンギ、岡島紳士、下元陽(BLOCKBUSTER))

0904_imai.jpg

今井一郎(いまい・いちろう)
1955年、長野県生まれ。80年、オスカープロモーション入社。現在、同社宣伝本部長。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』