サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > ハッピーターンのひとつひとつの味のバラつ...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第39回

ハッピーターンのひとつひとつの味のバラつきって、なんとかなりませんか?

+お気に入りに追加

今回の回答者 亀田製菓株式会社お客様相談室 様

 ある大物イケメン俳優のハナシ。そのイケメンさん、ドラマ収録の現場で自分の出番が終わり、楽屋に戻った。事件はまさにその時起こったのである。

「ねええええ────ッ! ねえよ、コラッ!! 誰だああ、オレの天むす食っちまった奴ぁ、誰なんだあああッ!!」

 ちょっとどうかと思うほどの大激怒。もちろん主演俳優の放った怒号のおかげで、ただちに撮影はストップ。プロデューサー以下スタッフ全員が、そのイケメンさんの楽屋に駆けつける騒ぎとなった。

「一体何があったんだ!?」

 理由は単純。イケメンさんが「この出番が終わったら食べよう♡」と、楽屋に大事に大事に取っておいた差し入れの天むすを、何者かが勝手に食べてしまっていたのだ。とにかく天むすが大好物のそのイケメンさん。結局、犯人は見つからず、真相はドラマと同じく闇の中へ──これ、私の担当しているトーク番組で披露されたエピソードなのだが、世の中にはこのように「コレがなければ機嫌が悪くなる」、逆に言うと「これさえあればニコニコ顔」という大好物を持つ人間が数多くいる。

 知り合いのディレクターの場合、その食べ物が「ハッピーターン」。なぜかテレビ業界には、この定番ロングセラーなお菓子のファンが多いようである。彼の下につくADは必ず編集所にハッピーターンを一袋用意するのが通例になっている。一度、ハッピーターンを買い忘れたAD君が彼にバキ打ち(思いっ切り叱り飛ば)されている現場に居合わせたことがあった。

「お前さあ、ハッピーターン一袋も用意できなくて、一人前のディレクターになれると思ってんの!?」──たかがハッピーターンのせいで全人格を否定されるくらい怒られている彼を見て、心底かわいそうに思ったものだ。

 今回はそんな、みんな大好き! ハッピーターンについて、誰もが感じていたギモンを直撃してみたい。だから直接、 亀田製菓株式会社お客様相談室 に聞いてみた。『ハッピーターンのひとつひとつの味のバラつきって、なんとかなりませんか?』

担当者 あのー、そうですねー、同じような製品に仕上げるようにはしているんですけれども、あの、粉の付着が多かったり少なかったり、どうしても起きてしまいまして、そのため、味のバラつきがあるようにお感じになられているんだと思うのですが。

──ハッピーターンは人間の手で作っているのですか?

担当者 機械で、あの、自動で作っております。

──機械で作っているのに、なぜあんなに味のバラつきが出てしまうんですか?

担当者 そうですね、付着といいますか、味をつけるときにパウダーのようなものをくっつけていくんですけれども、あの、ちょっとした加減で、多くつくもの、少なくつくものができてしまっているようでして。

──(ん? 答え方が慣れているな......)あのう、同じような質問をした方って今までいました?

担当者 実は恥ずかしいんですけども、味が(バラついて)違うのではないかというご質問をいただくことが(よく)あるんですけども。

 やはり、あのやたらしょっぱかったり、味が薄かったりするのにギモンを感じていた同胞たちは、ほかにもたくさんいたのだ。人類に課せられた命題「ハッピーターンの味のバラつきをなくす」──が、果たして21世紀中に解決する日はやって来るのであろうか?

[亀田製菓]
1946年に創業した、大手製菓メーカー。創業当初は水飴の受託加工を行っていたが、50年にその製造を中止し、焼き菓子にシフト、現在の主力である柿の種などもち米菓の製造を開始した。75年には米菓業界で売り上げ日本一に。ちなみに、ハッピーターンはその翌年76年に生まれた。

鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。私が企画構成する多分、今一番くだらない『音楽ば〜か』(テレビ東京系)ってアホアホ音楽バラエティから美女木ジャンクションって日本一幸薄い昭和歌謡デュオが3月13日の金曜日に、めでたくデビューしました。全国のローソン限定販売。聴かなくてもいいから、買ってくださいね♡


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』