サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > レモンフレーバーのボルヴィックの飲み口が...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第38回

レモンフレーバーのボルヴィックの飲み口が通常のものより大きいのは、どうしてですか?

+お気に入りに追加
0903tyokusetu-yamana.jpg
キリンビバレッジのHPより
回答者 キリンビバレッジお客様相談室 様

 かつて「エビアンホルダー」なるものがあった。首からエビアンのボトルをぶら下げる、どう見てもまぬけなものだった。あんなふうにぶら下げられて、むしろエビアン側が気を悪くするのではないかとも思ったが、もしかするとエビアン自身が出していたのかもしれない。いずれにしろ、あっという間に廃れた。いや、廃れる以前に、流行りもしなかった。少なくとも僕が知る範囲で、エビアンホルダーをぶら下げている奴はいなかった。

 エビアンホルダーに触れることすらなかった僕だが、ミネラルウォーターはよく持ち歩く。ただし、エビアンではなく、主にボルヴィックだが。

 持ち歩いて、移動中や打ち合わせ中にひと口ずつ飲む。だから、500mlのボトルが1本あれば1日もつ。

 だが、レモンフレーバーのボルヴィックは別だ。ついガフガフ飲んでしまう。最初の会議に向かう途中で買って、歩きながら飲み始め、2時間の会議が終わる頃には、飲み終わっていることもしばしばだ。明らかに水分摂り過ぎ。座っているときはまだいいが、立ち上がると胃がどんより重い。レモンフレーバーのボルヴィック。かなり危険な飲み物である。

 そんな過ちを繰り返しながらも、ついつい飲んでしまうのだが、飲んでいて、ふと気づいた。レモンフレーバーのボルヴィックのほうが、通常のものと比べて飲み口が大きい。明らかに口当たりが違う。どうしてわざわざサイズを変えたのか。

 気になる。とても気になる。

 そこでボルヴィックを取り扱っているキリンビバレッジお客様相談室に直接聞いてみた。

『レモンフレーバーのボルヴィックの飲み口が通常のものより大きいのは、どうしてですか?』

担当者 飲み口が大きくなっていることについて疑問を持たれてのお問い合わせでございますね。

 こんなに丁寧に疑問の内容を確認されることも珍しい。やるな、キリンビバレッジ。

担当者 普通のボルヴィックよりも大きくなっているのはですね、レモンのフレーバーをですね、口を大きくすることによってお召し上がりになりながら、匂いのほうも楽しんでいただこうという狙いがありまして、大きくしております。

──飲みやすくするために大きくしてるんじゃないんですか?

担当者 ボルヴィックを取り扱う部門からの報告では、飲みやすさというよりかは、やはり匂いを一緒に楽しみながら飲んでいただけるようにという報告でした。

 なんともなめらかな回答ぶりである。しかし、ここまでなめらかだと、ちょっと意地悪をしたくなる。

──レモンフレーバーの飲み口は、普通のものと比べてどれぐらい大きいんですか?

担当者 ただいま商品のほうお持ちして確認させていただきます。

 1分後。

担当者 今、並べてみているのですが、印象的にはかなり大きく感じるのですが、はい、まあ、直径といたしましては、まあ、2mm程度の差ですね。

 なんとわざわざ2つのボトルを手元に持ってきて、計ってくれた。

 それにしても、わずか2mmの違いしかなかったとは。実はそれが、今回直接聞いて一番の驚きだったのだ。

[キリンビバレッジ]
1963年に自動販売サービス株式会社として設立された、国内の大手飲料水メーカー。ちなみに、今回取り上げた「ボルヴィック フルーツキス レモンフレーバー」のCMに出演しているのはモデルの川瀬美和子、コマーシャルソングはSUPERCARの『Strobolights』という、前衛的な組み合わせである。

(やまな ひろかず)
1967年、東京にて誕生。放送作家。『行列ができる法律相談所』『ザ!鉄腕!DASH!!』(ともに日テレ系)などを手がける。 スネークマンショーが残した唯一の映像作品『楽しいテレビ』が2月25日にDVDで再発されます。光栄なことに、僕も特典映像の一部をお手伝いしています(予定通りであれば)。ぜひ一家に2枚(2枚組だから)。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』