サイゾーpremium  > 特集  >  四面楚歌でもはや壊滅寸前!? エロ本出...
第1特集
"DVDマガジン"化で激変するアダルト男性誌業界の今を追う!!

四面楚歌でもはや壊滅寸前!? エロ本出版〈生き残りの条件〉

+お気に入りに追加

──思春期男子が決死の思いで購入し、また、幾多のサブカル系著名人を輩出する"アングラ文化のゆりかご"でもあったエロ本が今、衰退の危機にあるという。いったい、エロ本業界に何が起こっているのか?

0903_honya.jpg
アダルト専門ショップでも、年々エロ本の売り場面積は縮小される傾向にある。

 かつては男性が最初に親しむアダルトメディアであった、アダルト雑誌、すなわち"エロ本"。しかしやがてAV、そしてインターネットや携帯電話という新しいメディアにその座を奪われ、今や存亡の危機に見舞われている。

 昨年末に29年の歴史に幕を下ろした「SMスナイパー」(ワイレア出版)に続き、この1月には27年目の「オレンジ通信」(東京三世社)が休刊。その他、「アップル写真館」(大洋図書)、「ウレッコ」(ミリオン出版)、「ペントジャパン」(ぶんか社)、「ナイタイマガジン」(ナイタイ出版)と、一時代を築いたエロ本が、ここ数年で次々と消えている。出版不況といわれ、雑誌全体が売り上げ不振に苦しんでいるのだが、その中でもエロ本は目立って厳しい状況なのだ。1990年代のエロ本黄金期には20万部を超える雑誌がゴロゴロしていたものだが、現在では10万部を超える雑誌など数えるほどしかなく、そのほとんどが売り上げを落としている。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

連載