サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > ケータイ小説的モノローグとチープな敵役で...

■天狗と高校青春ライフが同居する少女マンガ

1108_machideuwasano.jpg

『町でうわさの天狗の子』(8巻)
作/岩本ナオ
掲載/「月刊flowers」(小学館)
価格/420円 発行/6月10日
天狗信仰の残る緑峰町で、天狗の神様と人間の母親の間に生まれた秋姫。母のもとで育ってはいたが、週に一度はお山の父親のところに遊びに行く生活。高校入学後、新たにできた友人や同級生のタケル君、そして同じ学校に通うようになった幼馴染の天狗見習い・瞬と青春ライフを送りながら、だんだんと天狗の修業を始めるようになる。


【ライター・高野評】
★★★★★★★★★☆
"少しだけファンタジー"にできること
現実を少し超えたくらいのファンタジーが好きだ。少年少女の愉快な日々、それぞれの関係性に漂う恋や友情と断定できない情感、そして幸福なモラトリアムのあとで「何ものかになる」ことへの畏怖──17歳の夏の終わりがこういうものであったことを、空気の匂いまで思い出すだろう。シンプルな画と丁寧なネームは感情を押しつけることをしないが、決して「脱力系」ではなく、あの頃から変わらず私たちの中にある「切実さ」を刺激してやまない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ