> 連載
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【57】

天皇陛下を立てる上皇后陛下の佇まい――皇室の距離感に一喜一憂

―― 1月、令和に入って初めての新年一般参賀が行われました。昨年の平成ラスト参賀は激混みだったので、早起きして8時頃に行ったところ、意外と空いていて初回に参列できました。参賀者の数は2019年は15万500...

天皇陛下を立てる上皇后陛下の佇まい――皇室の距離感に一喜一憂
新着
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【158】

【神保哲生×宮台真司×松尾 匡】世界の左派が掲げる反緊縮経済政策のトリセツ

―― 安倍政権が歴代最長の政権を維持できている背景には、常にアベノミクスに代表される経済政策がある。今回のゲスト、立命館大学経済学部教授の松尾匡氏は、アベノミクスの手強さを一定認めながらも、それに対抗する経...

【神保哲生×宮台真司×松尾 匡】世界の左派が掲げる反緊縮経済政策のトリセツ
新着
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【58】

界隈から追い出される若者と雑誌の寿命――幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。

―― 昨年末、映画系サブカル界隈で起きた難儀な泥仕合の最中、映画秘宝の休刊が発表された。実際には経営コストの高騰に悩んでいた洋泉社が宝島社へ吸収合併されたからだが、初代編集長を糾弾した映画研究家も、創刊の功...

界隈から追い出される若者と雑誌の寿命――幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
新着
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【2】

【バンギン・ホモ・サピエンス】アンバー――加州と亞洲を繋ぐ琥珀

―― 没問題、没問題、小姐! 私がそう言った一瞬、「予想だにしない場所で北京語話者に出会った」という驚愕の表情を見せた彼女。だが、すぐに神妙さと感謝の念をミックスした笑顔となり、拱手(右手の拳を左手で包む仕...

【バンギン・ホモ・サピエンス】アンバー――加州と亞洲を繋ぐ琥珀
新着
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【11】

14億人の豚肉爆食を止めろ! 米発“ミートテック”が狙う中国人の胃袋

―― 2020年1月6日、米ラスベガスで開かれた世界最大のテクノロジー展示会のCES(セス)。この日はその前夜祭として、世界中のジャーナリストを招いたイベントがそこかしこで開かれる。

14億人の豚肉爆食を止めろ! 米発“ミートテック”が狙う中国人の胃袋
新着
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【45】

JAGATARAが30年ぶりの新曲発表!――イズムが蘇る2020年の音頭

―― なんとJAGATARA(以下、じゃがたら)が30年ぶりの新曲を発表した――そう書いてピンとくるのはおそらく40代後半以上だろう。なにせ前身バンドを結成したのが1979年、解散したのが1990年。僕もリ...

JAGATARAが30年ぶりの新曲発表!――イズムが蘇る2020年の音頭
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【56】

東出バッシングはほどほどに?――必ず最後に『杏』は勝つ

―― 年末か年始だったか、ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、「2020年の芸能スクープ大予想」みたいなコーナーがあった。芸能リポーターたちが特ダネをクイズ形式で出題。それを出演...

東出バッシングはほどほどに?――必ず最後に『杏』は勝つ
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第73回

【クロサカタツヤ×永田哲也】誰がテクノロジーで幸せになれるのか?「ベビーテック」の伝道師が語る普及への道筋

―― フィンテック、スリープテックにエドテック、いろいろテックはあるけれど、なんだかどれも大して普及していないように見えるのはどうしてなのか。子どもとその親のためのベビーテックもどうなのかと思ったら、日本の...

【クロサカタツヤ×永田哲也】誰がテクノロジーで幸せになれるのか?「ベビーテック」の伝道師が語る普及への道筋
連載
オトメゴコロ乱読修行【59】

『So kakkoii 宇宙』に溢れる小沢健二の自己肯定と失われた20年へのアンサー

―― アップデートできないPCはサポートから外される。Windows 7のように。

『So kakkoii 宇宙』に溢れる小沢健二の自己肯定と失われた20年へのアンサー
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第10回】

萱野稔人と巡る【超・人間学】――「“殴り合い”はなぜ“人間的”なのか」(後編)

―― 『殴り合いの文化史』著者である樫永真佐夫氏と語り合う暴力への欲望。人間の本質は文明化と理性によって変化したのか。それとも――。

萱野稔人と巡る【超・人間学】――「“殴り合い”はなぜ“人間的”なのか」(後編)
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第140回「令和のマスク騒動」

―― 新型ウイルス見えるメガネの設計図どこかにないかニコラ・テスラよ

念力事報 第140回「令和のマスク騒動」
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【ぴーぴる】「メルカリとジモティー中毒なんです」天真爛漫娘の現代っ子放談

―― 今回の“包まれ美少女”は「ぴーぴる」ちゃん。マーブル柄の“タイダイ”の世界に挑戦してもらいました。

【ぴーぴる】「メルカリとジモティー中毒なんです」天真爛漫娘の現代っ子放談
連載
マルサの女

【都丸紗也華】このへんで跳ねたいんです。

―― またもや記録更新? 本誌巻頭グラビアへの登場が誌上最多の6度目となる都丸紗也華さんです。都丸さんといえばご家族トークですが、最近地元・群馬には帰ってますか?

【都丸紗也華】このへんで跳ねたいんです。
連載
友清哲のビールの怪人【20】

大手ビールメーカー出身者がブルーパブを開業したワケ――遠からずラガービールの醸造にもチャレンジ!

―― 2016年のオープン以来、北千住で絶大な人気を博している「さかづきブルーイング」。オーナーブルワーの金山尚子さんは、もともとアサヒビールに勤務したキャリアを持つことでよく知られている。同じビール業界と...

大手ビールメーカー出身者がブルーパブを開業したワケ――遠からずラガービールの醸造にもチャレンジ!
サイゾープレミアム

2020年3月号

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE