> 週刊現代の検索結果

週刊現代 の検索結果

第1特集
扇情的な見出しで煽る医療記事の真贋【2】

川島なお美も訪れていた!セカンドオピニオン・近藤誠外来が賑わう理由

―― 近藤誠医師は14年に慶応大学病院を退職したが、それに先立ち13年に「近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来」を設立し、30分3万2000円という値段でセカンドオピニオンを提供している。15年9月に肝内...

川島なお美も訪れていた!セカンドオピニオン・近藤誠外来が賑わう理由
第1特集
扇情的な見出しで煽る医療記事の真贋【1】

『WELQ』の削除問題は必然だった!?大手週刊誌バトルにも発展――医療系コンテンツが抱える病み

―― ここ数年、読者の高齢化からか、週刊誌では毎号医療特集が組まれるようになった。その多くが扇情的なアオリで読者の興味を引きつける“週刊誌特有”の誌面構成だが、その内容に異論を唱える専門家もいるという。昨今...

『WELQ』の削除問題は必然だった!?大手週刊誌バトルにも発展――医療系コンテンツが抱える病み
第1特集
週刊誌で活躍する女性たちの本音とは?

「枕でネタが取れたら苦労しない!」週刊誌女性記者たちが語るスキャンダルの裏事情

―― 今年2月、東国原英夫元宮崎県知事が「『(週刊)文春』(文藝春秋)は自社の女性記者がハニートラップを仕掛けてくる」と発言し、他誌も含め女性記者たちの反感を買ったことは記憶に新しい。そんな言いがかりをつけ...

「枕でネタが取れたら苦労しない!」週刊誌女性記者たちが語るスキャンダルの裏事情
第1特集
サイゾー的タブー破りの雑誌ガイド【3】

【写真家/沢渡 朔】AV女優のヌードが撮れる「アサヒカメラ」の凄さを語る

――  週刊誌が最近またおもしろくて、「週刊現代」【1】や「週刊ポスト」は毎号のように高齢者のセックス特集をやってるね。セックスは普遍的なテーマだし、現に高齢者は元気だから、いいところを突いた企画じゃないか...

【写真家/沢渡 朔】AV女優のヌードが撮れる「アサヒカメラ」の凄さを語る
ニュース
吉本のダーティーな部分が露見!?

「カウスは山口組と……」大崎洋社長も法廷へ! "吉本〈暴〉裁判"の行方

―― 今年4月に創立101周年を迎える”お笑い帝国”・吉本興業の行方を左右するといってもいい裁判が、東京地裁と大阪地裁で開かれた。いずれも、「週刊現代」を発行する講談社に対して、吉本や同社に所属する中田カウ...

「カウスは山口組と……」大崎洋社長も法廷へ! 
ニュース
新聞社データの横流しに世論操作の疑いも……

自民党圧勝を演出!? 新聞各社の世論調査と「週刊現代」が犯した罪

―― 自民党の圧勝に終わった昨年暮れの衆院選挙。全議席(480人)の過半数をはるかに超える294もの議席を獲得した自民党の勝ちっぷりもさることながら、民主党が57議席へと激減。この両党の落差に、驚いた読者も...

自民党圧勝を演出!? 新聞各社の世論調査と「週刊現代」が犯した罪
ニュース
グリコ森永事件の真実が......

怪人21面相の真犯人報道に人気作家・東野圭吾が物申す

―― 東野圭吾著『マスカレード・ホテル』(集英社)。  ジャーナリスト・岩瀬達哉氏とミ...

怪人21面相の真犯人報道に人気作家・東野圭吾が物申す
第1特集
震災以降の表現規制【1】

火事場泥棒話はなぜ報じられない? 東日本大震災で露見したタブーだらけのマスメディア

―― 津波に飲まれて亡くなった人物の手と、それを見つめる家族らしき人物の写真をニューヨ...

火事場泥棒話はなぜ報じられない? 東日本大震災で露見したタブーだらけのマスメディア
第3特集
3D映像は世界を変えるのか!?【4】

【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こんな"3D"ってアリなんですか!?」

―― ──昨年来のブーム以前から存在する雑誌の付録やグラビア、謎の3D文房具まで、映像...

【企画編】雑誌グラビアから文房具まで「こんな
ニュース
角界汚染はここから始まった

週刊誌の"プライド"と若ノ鵬八百長告白会見

―― 前日の告知にもかかわらず、多数のマスコミが駆けつけた会見。八百長にかんする詳細は...

週刊誌の
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載