サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 写真家【沢渡朔】「アサヒカメラ」のAV女優ヌードがすごい
第1特集
サイゾー的タブー破りの雑誌ガイド【3】

【写真家/沢渡 朔】AV女優のヌードが撮れる「アサヒカメラ」の凄さを語る

+お気に入りに追加

──雑誌のグラビア・ページで数々の女優やアイドル、女性タレントの姿を生々しくカメラで切り取ってきた写真家・沢渡朔。近年の雑誌グラビアはAKB48に占領されていた感があるが、彼は今、どんな雑誌に惹かれているのか?

1402_wide_3.jpg
(写真/細倉真弓)

沢渡 朔(さわたり・はじめ)
1940年生まれ。日本大学芸術学部在学中から雑誌で写真作品を発表。66年にフリーになってからファッション、女性グラビアの分野で活躍してきた。写真集に『少女アリス』(河出書房新社)、『ナディア』(朝日ソノラマ)などがある。

1402_wide_4.jpg
【4】「アサヒカメラ」
朝日新聞出版/1926年/870円
カメラ・写真の専門誌。月刊。毎年4月号には、朝日新聞社が主催する写真界でもっとも権威ある賞、木村伊兵衛写真賞写真賞の受賞作品が掲載される。こちらは、2013年11月に発売された別冊「NUDE!」である。

 週刊誌が最近またおもしろくて、「週刊現代」【1】や「週刊ポスト」は毎号のように高齢者のセックス特集をやってるね。セックスは普遍的なテーマだし、現に高齢者は元気だから、いいところを突いた企画じゃないかな。批判もあるみたいだけど、それで売れるなら構わないと思う。

 ただ、週刊誌もマンガ誌も、この何年かのグラビアはAKB48に頼りすぎで、写真として面白くない。ときどき僕にもマンガ誌からAKBの誰々を撮ってくれって話が来てね。そりゃ依頼されればやるけど、撮り方が決まっていて、女の子のエロさや強さは引き出さずに、かわいく撮ることが求められる。そうすると大体、誰が撮っても写真が一緒になっちゃう。それがファンの望むイメージだから雑誌の売り上げにはつながったけど、最近はAKBが出ても売れなくなってきているそうなので、新しい方法を考えないとね。

 ただ、人気女優のグラビアを撮るときも、被写体に要求していいことが限られていて、その中でいかに美しく撮るかって話でね。しかもカメラがデジタルになり、嫌でも写真は美しく撮れる。僕も今、グラビアはデジタルでやるけど、フィルムの感覚で撮ってるので、あとでイジることはしないし、できない。女優側から「この傷を……」といった注文があれば、編集部に勝手に消してもらうけど、その結果、のっぺらぼうみたいな写真も多いでしょう。傷とかしわとかあったほうが僕は面白いと思うけど、撮られた女性はないほうがうれしいし、美しいイメージは読者も安心できるから、今のグラビアはそれで問題ないんだろうね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE