> 市川海老蔵の検索結果

市川海老蔵 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

市川海老蔵が再婚へ!? 梨園関係者に明かした“意外な胸の内”とは

――  歌舞伎俳優の市川海老蔵が12月20日、「私は嫌い」のタイトルで自身のブログを更新。自身についても記載された「没イチ男性が死別再婚する時の注意点」というネットニュースのスクリーンショットをアップし、「...

市川海老蔵が再婚へ!? 梨園関係者に明かした“意外な胸の内”とは
ニュース
"歌舞伎座の呪い"から脱却できるか?

歌舞伎界が騒然! 松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策

―― いま、歌舞伎界において、あの若き天才・市川海老蔵の存在感が際立ってきているという。それは決して、彼の才能と、妻・麻央の不幸な死のみから来るものではないのだという。いったいいま、歌舞伎界で何が起こってい...

歌舞伎界が騒然! 松竹のフトコロ事情と海老蔵の過労死対策
第1特集
京都で遊ぶ“お忍び”芸能人はここにいる!

海老蔵が事件後にさっそくハッスル!ジャニーズJr.がタニマチ探し!? 芸能人・京都お忍び盛り場MAP

―― 古くから東映や松竹の映画撮影所があったり、ライブハウスやクラブも多いのが京都の街。東京ではお気楽に遊べない芸能人たちも少し気を緩めて騒いでいることも多いようだ。さらには、売れていない関ジュなどが「お持...

海老蔵が事件後にさっそくハッスル!ジャニーズJr.がタニマチ探し!? 芸能人・京都お忍び盛り場MAP
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

前田敦子、小林麻耶らをオトした、モテ“歌舞伎役者”はなぜ客寄せパンダに成り下がるのか?

――  市川海老蔵に続き、片岡愛之助、尾上松也と若手歌舞伎役者たちのメディア露出が目立つ。共通点は「スキャンダル」。「かつては女性問題に暴行事件と海老蔵の独壇場でしたが、いまや彼もすでに子供が二人いる父親。...

前田敦子、小林麻耶らをオトした、モテ“歌舞伎役者”はなぜ客寄せパンダに成り下がるのか?
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

視聴率の女王・米倉涼子の欲求不満解消術と藤原紀香との"格差"

―― 『あまちゃん』(NHK)、『半沢直樹』(TBS)と話題のドラマが生まれた2013年を締めくくったのは、平均視聴率23%を出した『ドクターX』(テレビ朝日)だった。主演の米倉涼子は、「これでトップ女優の...

視聴率の女王・米倉涼子の欲求不満解消術と藤原紀香との
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ドラッグAV女優に“ハメられ”た? KAT-TUN田中を解雇させた六本木裏ルート

――  KAT-TUNの田中聖がジャニーズ事務所から所属契約を解除されて、グループを脱退した。契約解除理由とされている飲食店経営などの副業、事務所に無断でのDJやイベント開催、女性問題、タトゥーなど田中の素...

ドラッグAV女優に“ハメられ”た? KAT-TUN田中を解雇させた六本木裏ルート
第1特集
海老蔵事件から2年……

逮捕前夜の関東連合・元リーダー石元太一が語る”メディアと芸能界と俺たち”

―― 2010年の朝青龍暴行事件と市川海老蔵暴行事件、そして翌11年の上原美優の自殺と、芸能界を激震させる事件が起こるたびにその名が浮上する”闇組織”「関東連合」。もともとは東京都の世田谷区・杉並区を拠点に...

逮捕前夜の関東連合・元リーダー石元太一が語る”メディアと芸能界と俺たち”
ニュース
戦々恐々とする芸能人たち

関東連合壊滅に着手した警察 あの有名人の"闇"も炙り出す!?

―― 『龍宮城 歌舞伎町マフィア最新ファイル』。  市川海老蔵殴打事件に関係した「関東...

関東連合壊滅に着手した警察 あの有名人の
連載
念力事報 第31回

自慢のにらみは不発に終わった──。 海老蔵事件と夜の"六本木心中"

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ 海老蔵事件 11月25日早朝、歌舞...

 自慢のにらみは不発に終わった──。 海老蔵事件と夜の
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第52回

のりピーに市橋、暗い事件ばかり起きた09年。フーミンはその象徴だ

―― ──「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこ...

のりピーに市橋、暗い事件ばかり起きた09年。フーミンはその象徴だ
ニュース
人気女子アナの悲喜こもごも

策士・麻央の裏で泣く麻耶 海老蔵熱愛 スクープの勝者とは

――  11月19日、日刊スポーツが海老蔵との交際をスッパ抜いたその日に、小林麻央は...

策士・麻央の裏で泣く麻耶 海老蔵熱愛 スクープの勝者とは
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』