サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > のりピーに市橋、暗い事件ばかり起きた09...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第52回

のりピーに市橋、暗い事件ばかり起きた09年。フーミンはその象徴だ

+お気に入りに追加

──「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1001_takasu.jpg
私の新著『恥の大辞典』の出版記念パーティーが行われ、Hカップ女優、夢野まりあもお祝いに来てくれた。新宿ロフトプラスワンで行ったイベント13年分をまとめたDVDも近日発売予定。

 09年は小向美奈子の覚せい剤騒動から始まった。これが起承転結の「起」だとすると、「承」はその小向が浅草ロック座のストリップに出演したことだろうか。ここまではまだニンマリとワイドショーを見る余裕があった。

 しかし8月、押尾学と酒井法子が薬物で相次いで逮捕された。ここから雲行きが怪しくなった。これを「転」とすれば、あとはどんどん暗さが増すようなニュースばかりになってしまった。女子大生が犠牲となった凄惨な事件、ブス女による2発の詐欺事件、2年数カ月にわたる逃亡劇の末捕まった市橋……。

 救いようがない暗闇である。少しでも気が晴れるかと野球に目を向けると、WBCで優勝したかと思えばスター選手は故障だらけになっちゃうし、WシリーズでMVPを取った松井秀喜はヤンキースをクビになりそうだという。テレビに飽きてパソコンを開けば、ネットの中で蠢くブロガーたちのひそひそ話が世相をリードしている。そんな世の中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ