> サンミュージックの検索結果

サンミュージック の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

ナベプロの姉妹経営は成功か? 後継者問題に揺れる芸能プロの近未来

――  大手芸能プロはすでに後継者が後を引き継ぐ段階に入っている。老舗の「渡辺プロ」は創設者・渡辺晋氏亡き後、妻が引き継ぎ、2000年からは2人の娘が「ワタナベエンターテインメント」に社名を変更。姉妹それぞ...

ナベプロの姉妹経営は成功か? 後継者問題に揺れる芸能プロの近未来
ニュース
芸能界のドンがベッキー潰しに暗躍中!?

CM違約金は折半? ゲス極のメディア対応舞台裏とベッキー騒動の着地点

―― 「SMAP」分裂独立騒動から元プロ野球選手清原和博の覚せい剤取締法違反による逮捕まで、年明けからセンセーショナルなニュースが続いている。両者とも、今後の動向や捜査状況に注目が集まるが、ベッキーとロック...

CM違約金は折半? ゲス極のメディア対応舞台裏とベッキー騒動の着地点
ニュース
【premium限定ニュース】

サンミュージック社内に緊急メールが!? ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?

―― 出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビ出演も見送るなど、所属事務所サンミュージックの懐具合に打撃を与えているベッキー。この深刻な状況に事務所内には悲壮感が漂っているという。

サンミュージック社内に緊急メールが!? ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

「まるで酒井法子みたい…」「白シャツがあざとい」ベッキーの不倫謝罪会見でCMスポンサー総スカン!?

―― 今日7日発売の「週刊文春」で、不倫熱愛が報じられたタレントのベッキーとバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音。週刊誌の発売に先立ち、6日夜に所属事務所であるサンミュージックプロダクションにてベ...

「まるで酒井法子みたい…」「白シャツがあざとい」ベッキーの不倫謝罪会見でCMスポンサー総スカン!?
第1特集
ディープに聴く!ジャンル別タブー破りの楽曲はコレだ!【5】

【リチャード・ノースコット】『自殺した岡田有希子以降“アイドルスター”は今も不在!』

―― ──いまだにアイドル界ではタブー視されている岡田由希子。彼女の自殺にショックを受け、日本に移り住み、サンミュージックに入った外国人から見たアイドル歌謡とは?

【リチャード・ノースコット】『自殺した岡田有希子以降“アイドルスター”は今も不在!』
ニュース
桜田淳子の復帰も間近か!? タブーをぶった斬る芸能マスコミ座談会!

サンミュージック会長と"迷走3人娘"の行方 山岸舞彩セクハラ問題の深層とは?

―― 芸能界の重鎮の死去に際して、松田聖子、桜田淳子、酒井法子という3人の“スター”の今後が注目された。さらに、美脚キャスターとして人気の山岸舞彩に対するセクハラ疑惑が報道されたが、当事者のYプロデューサー...

サンミュージック会長と
ニュース
ノリピーにつきまとう黒い紳士

酒井法子「復帰」に立ちはだかる離婚情報リーク元のアノ会長

―― のりピーのベストアルバム『ベストセレクション』。  酒井法子と、高相祐一氏との離...

酒井法子「復帰」に立ちはだかる離婚情報リーク元のアノ会長
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』