サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【元サンミュージック社員】が語るタブー破りの「アイドル歌謡」
第1特集
ディープに聴く!ジャンル別タブー破りの楽曲はコレだ!【5】

【リチャード・ノースコット】『自殺した岡田有希子以降“アイドルスター”は今も不在!』

+お気に入りに追加

──いまだにアイドル界ではタブー視されている岡田由希子。彼女の自殺にショックを受け、日本に移り住み、サンミュージックに入った外国人から見たアイドル歌謡とは?

リチャード・ノースコット[元サンミュージック社員]
1966年、オーストラリア生まれ。86年、岡田有希子の自殺にショックを受け来日。89年、サンミュージックに入社。酒井法子などの新人プロジェクトやグッズや番組制作を手伝う。90年、独立。

1308_wide_04.jpg

 私が日本のアイドルソングにハマったのは、オーストラリアにいた10代の頃に、日本人留学生から教えてもらったのがきっかけです。80年代前半から半ばですね。それまで、ただうるさいだけのロックしか周囲になかったから、フルオーケストラの楽曲で作られたアイドルソングには衝撃を受けました。一番最初のショックは、松田聖子の「ピンクのモーツァルト」が収録されていたアルバム『SEIKO・TOWN』。音源の質、全体の完成度ともに非常にクオリティ高く感じたんです。

 岡田有希子ならシングル「哀しい予感」が好きでしたね。『十月の人魚』【1】というアルバムに収録されています。その時の趣味は、読めない漢字のライナーノートを写しながら名前を暗記すること。そうして松任谷正隆が編曲者として『Seiko Town』「哀しい予感」どちらも参加していることを知り、どんどん日本の歌謡曲にのめりこんでいったんです。

 あと、あんまり売れなかったけど中森明菜のアルバム『不思議』【2】が好きですね。アイドルのアルバムとしては間違いなくタブー破り。ほとんど明菜の歌声はなくて、当時イギリスの最先端だったアンチポップなCocteau Twinsと同じ路線のような音楽で……最初に買って流した時は「レコードが壊れてるんじゃないのか!?」と思ったくらい。自分のキャラを壊してでもやりたいことをやっている。アイドルというよりアーティストっぽくなっているのがすごくショックでした。せっかくだから、このまま海外に売り出せばいいのに、と思いましたね。ニューミュージックと、それらを支えていた80年代前半のアイドル音楽は、海外から見てひとつの大きなブランドとなっても、おかしくなかったかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』