サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【54】/【シザ】R&Bシーンを牽引するムスリム才女
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【54】

【シザ】R&Bシーンを牽引するセクシー系ムスリム才女

+お気に入りに追加

『Ctrl』

1802_FHS_02_JK_230.jpg

シザ(販売元:RCA)

SZAは本作のために200曲を作ったという。制作期間が長引いたのは事実だが、ものすごい制作意欲! 結果、評論家に絶賛される傑作となった。グラミー賞はどうでもいいが、ソウルトレイン音楽賞で新人賞と最優秀女性R&B/ソウル・アーティスト賞を獲得したのは大きい。また件の「The Weekend」は、曲単体でプラチナム認定。


 例えば、ディアンジェロ。あるいは、エリック・ベネイ。

 音楽性が素晴らしいわりに、人生そのものでつまずくアーティストが多いのが、“ネオ・ソウル”と呼ばれるジャンルの特徴である。マックスウェルも隠遁生活が長かったしなあ(その間はサラリーマンやっていたとも聞くが、ホンマやろか)。

 男性陣だけではない。来日公演のチケットが高いことで知られるのは、ローリン・ヒル(4万2000円)、エリカ・バドゥ(4万3000円)といった、その筋の女性アーティストたちだ。それは現在の彼女たちが抱える財政問題を象徴しているようで、心が痛む……。

 だが、そんな彼女たちもブラック・ミュージックの流れの中に、着実な足跡を残してきた。そして今、「現代のローリン・ヒル」とも「21世紀のエリカ・バドゥ」とも称えられるアーティストが、シーンをにぎわしているのだ。

 彼女の名はSolana Imani Rowe(ソラナ・イマーニ・ロウ)。ミズーリ州セントルイス生まれ、ニュージャージー州メイプルウッド育ちの27歳である。〈SZA〉の名で知られる才女だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』