>   >   > ストリーミング放送は日本のスポーツを変える?【1】/DAZNバラマキの功罪
第1特集
ストリーミング放送は日本のスポーツを変える?【1】

Jリーグを押さえても、やっぱり赤字……? DAZN巨額投資回収を阻む壁

+お気に入りに追加

――巨額の契約料でJリーグの放映権を獲得し、鳴り物入りで日本市場に乗り込んできたストリーミング界の黒船・DAZN。だが、現在は投資の段階で、会員数100万人を突破しても、実は回収できるほどには稼げていないのが実情だ。果たして、日本でもこの有料課金モデルのサービスが根付いていくのか?

Jリーグを押さえても、やっぱり赤字……? DAZN巨額投資回収を阻む壁の画像1
DAZNマネーが入ったおかげもあって、Jリーグには続々と大物外国人が移籍してきている。いつかネイマールクラスの選手も、日本のクラブチームにやってくるかも!?

 今年8月、DAZNの会員数が100万人を突破したと発表された。16年8月のサービス開始からわずか1年というスピードで達成したこの数字。まさにDAZNは破竹の勢いで日本のスポーツビジネスを侵食しつつあり、『ネットフリックスの時代』(講談社現代新書)などの著書を持つジャーナリストの西田宗千佳氏も「ネットでの有料配信はまだ初期の段階にある日本市場で、契約のハードルは決して低くない。その中で100万人という値は、この時期としては十分満足できるレベルではないか」と一定の評価を与えている。

 Jリーグの放映権を10年間で2100億円という桁外れの金額で獲得し、資金難にあえぐJリーグの「救世主」として注目を集めたDAZNは、17年2月に「DAZN for docomo」としてNTTドコモとの提携を発表し、その注目度はグイグイと急上昇。さらに、この夏にはUEFAチャンピオンズリーグの配信やメイウェザーvsマクレガーの異種格闘技戦などJリーグだけにとどまらないビッグマッチの配信を行い、サッカーファンのみならずさまざまなスポーツファンを取り込むことで、100万会員という大台に乗った。だが、まだ「黒船」が「大船」に変わったとは言い難い。AV Watch編集長の臼田勤哉氏は、「Jリーグの放映権料だけで年間210億円。他のスポーツの放映権やインフラにかかるコスト、番組制作のコストなどを加味すれば、収益化はまだ遠く、現在の数倍は加入者が必要でしょう」と語る。

 また、あるスポーツ誌のライターは、「10年間で2100億円という数字が話題ですが、詳しい契約内容は非公開。どうもその契約が、1年おきに見直しとなっていると思えるフシがある。ニュアンスとしては「10年最大で……」というくらいのものかもしれず、撤退してしまうかもしれません。関係者に、来年以降の契約がどうなってるかを突っ込んでも、回答は得られないんです」という話も聞こえてきた。果たして、DAZNは日本で成功を掴むのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』