サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 動画は週刊誌を救えるか?【2】/週刊誌がテレビ局に売った動画総まとめ
第1特集
動画は週刊誌を救えるか?【2】

宮迫不倫、豊田真由子ハゲ音声、週刊誌がテレビ局に売った動画総まとめ!

+お気に入りに追加

「週刊新潮」(「デイリー新潮」)
今年6月、多くの人が耳を疑った豊田真由子議員が自身の秘書を罵倒する音声動画。秘書自らが録音し、「週刊新潮」に提供したものであり、運転中の秘書に対して暴力を振るう様子なども残されていた。この音声は幾度となくテレビで放送され、記憶に新しい読者も少なくないだろう。(動画/「デイリー新潮」公式YouTubeチャンネルより)

「週刊文春」(「文春デジタル」)
今年7月、毎年恒例の『24時間テレビ』の放送を前に、「週刊文春」が雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫騒動を報じた。この動画は本人への直撃の様子を撮影したものだ。おろおろと苦しい言い訳をする様子はテレビで何度か流され、本人も謝罪するに至った。その後、不倫ご法度の空気が流れるテレビ界から消えるのでは? とも言われており、貴重な動画になるかも。(動画/「週刊文春デジタル」より)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』