>   >   >  オトメゴコロ乱読修行【24】/【ドラえもん】の面倒くさい女子たち

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

【『ドラえもん』】ドラえもんに登場する女子は、誰も彼もめんどうくさい結局誰が正解なのか?の画像1
『ドラえもん (1)』(てんとう虫コミックス) 

 私事にて恐縮だが、『ドラえもん』及び藤子・F・不二雄作品が死ぬほど好きである。好きすぎて、先日著書まで出してしまった(記事下部参照)。というわけで今回は若干の番外編として、『ドラえもん』に登場する3人の女子――しずか、ジャイ子、ドラミ――を、女子特有の3方向の類型パーソナリティに見立ててみよう。

 1人目はしずか(源静香)だ。のび太の同級生で将来の結婚相手。無類の風呂好きヒロイン。いわゆる美少女枠である。ただ、しずかは「かわいい」だけで世を渡っており、ことさらそれ以外にはスペックも徳も高くない。バイオリンは下手だし、「委員長」になれるほどの優等生でもない。のび太がハブにされるスネ夫プレゼンツの別荘旅行にもちゃっかりついていくし、のび太がジャイアンとスネ夫にいじめられている際に沈黙を保つこともある。優等生の出木杉に気持ちがなびき、時折のび太に暴言を吐く。同性の友人も少ない。

 決定的なのは、そんなしずかが結婚相手としてのび太を選ぶということだ。クラスのアイドルだった美少女が、学校一の劣等生と結婚する不自然さ。推察するに、彼女の目的は圧倒的な優位性の確保だ。のび太と結婚すれば、のび太は一生、自分を崇めてくれる。感謝してくれる。「かわいい」しか能のない、ほかにさしたる長所のない自分だが、のび太を伴侶とすれば、死ぬまで夫に対して優位性を保てる。非の打ちどころがなく社会的価値の高い出木杉が相手では、これがかなわない。自己研鑽を続けないと、出木杉は自分に見向きもしてくれなくなるからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』