サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【23】/【東京ラブストーリー】赤名リカの呪い

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1703_inada_200.jpg

「赤名リカ女子」と呼ぶべきタイプの女性が、各世代に一定の割合で潜伏している。赤名リカとは、1988~90年に連載されたマンガ『東京ラブストーリー』のヒロインの名前。リベラルな帰国子女で、性に奔放。自己主張が強く、男にひざまずく気はゼロ。賢く有能で仕事はできるが、情緒は超不安定。愛が激しすぎるあまり男を束縛し、振り回し、とことん疲弊させる。要は「躁状態のメンヘラ女性」だ。

 同作は91年、フジテレビの月9枠でドラマ化され、鈴木保奈美が赤名リカを演じた。今よりもずっと男性中心社会だった当時、赤名リカは一躍時代のアイコンとなり、ドラマは社会現象的に大ヒットする。

 赤名リカの信奉者および潜在的ワナビーは、ドラマ放映当時に若手OLだったバブル世代(現在アラフィフ)の女性にとどまらない。彼女たちを「頼れる、デキる先輩」として慕う団塊ジュニア(現在アラフォー)や、彼女たちを「男社会で奮闘するジャンヌ・ダルク的上司」として崇めるポスト団塊ジュニア(主に30代女性)は、間接的ではあれ赤名リカをロールモデルとしているからだ。今回は、そんな赤名リカ女子に注目しよう。

 参考書は、『東京ラブストーリー』のきっちり25年後を描いて昨年話題になった『東京ラブストーリー ~After 25 years~』。主な登場人物は25年前と同じ4人だ。シングルマザーの赤名リカ、25年前に赤名リカと交際するも振り回された挙句に離別した永尾完治(カンチ)、完治の妻・さとみ。かつてさとみと交際していた医師の三上健一である。

 物語は、完治の娘とリカの息子が婚約してさあ大変……から始まるが、正直それはどうでもいい。何が恐ろしいって、つくづく男の人生は赤名リカ女子の「マーキング」によって大きく左右されるという事実だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』