サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  >  オトメゴコロ乱読修行【24】/【ドラえもん】の面倒くさい女子たち

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

【『ドラえもん』】ドラえもんに登場する女子は、誰も彼もめんどうくさい結局誰が正解なのか?の画像1
『ドラえもん (1)』(てんとう虫コミックス) 

 私事にて恐縮だが、『ドラえもん』及び藤子・F・不二雄作品が死ぬほど好きである。好きすぎて、先日著書まで出してしまった(記事下部参照)。というわけで今回は若干の番外編として、『ドラえもん』に登場する3人の女子――しずか、ジャイ子、ドラミ――を、女子特有の3方向の類型パーソナリティに見立ててみよう。

 1人目はしずか(源静香)だ。のび太の同級生で将来の結婚相手。無類の風呂好きヒロイン。いわゆる美少女枠である。ただ、しずかは「かわいい」だけで世を渡っており、ことさらそれ以外にはスペックも徳も高くない。バイオリンは下手だし、「委員長」になれるほどの優等生でもない。のび太がハブにされるスネ夫プレゼンツの別荘旅行にもちゃっかりついていくし、のび太がジャイアンとスネ夫にいじめられている際に沈黙を保つこともある。優等生の出木杉に気持ちがなびき、時折のび太に暴言を吐く。同性の友人も少ない。

 決定的なのは、そんなしずかが結婚相手としてのび太を選ぶということだ。クラスのアイドルだった美少女が、学校一の劣等生と結婚する不自然さ。推察するに、彼女の目的は圧倒的な優位性の確保だ。のび太と結婚すれば、のび太は一生、自分を崇めてくれる。感謝してくれる。「かわいい」しか能のない、ほかにさしたる長所のない自分だが、のび太を伴侶とすれば、死ぬまで夫に対して優位性を保てる。非の打ちどころがなく社会的価値の高い出木杉が相手では、これがかなわない。自己研鑽を続けないと、出木杉は自分に見向きもしてくれなくなるからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』