サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  >  オトメゴコロ乱読修行【24】/【ドラえもん】の面倒くさい女子たち

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

【『ドラえもん』】ドラえもんに登場する女子は、誰も彼もめんどうくさい結局誰が正解なのか?の画像1
『ドラえもん (1)』(てんとう虫コミックス) 

 私事にて恐縮だが、『ドラえもん』及び藤子・F・不二雄作品が死ぬほど好きである。好きすぎて、先日著書まで出してしまった(記事下部参照)。というわけで今回は若干の番外編として、『ドラえもん』に登場する3人の女子――しずか、ジャイ子、ドラミ――を、女子特有の3方向の類型パーソナリティに見立ててみよう。

 1人目はしずか(源静香)だ。のび太の同級生で将来の結婚相手。無類の風呂好きヒロイン。いわゆる美少女枠である。ただ、しずかは「かわいい」だけで世を渡っており、ことさらそれ以外にはスペックも徳も高くない。バイオリンは下手だし、「委員長」になれるほどの優等生でもない。のび太がハブにされるスネ夫プレゼンツの別荘旅行にもちゃっかりついていくし、のび太がジャイアンとスネ夫にいじめられている際に沈黙を保つこともある。優等生の出木杉に気持ちがなびき、時折のび太に暴言を吐く。同性の友人も少ない。

 決定的なのは、そんなしずかが結婚相手としてのび太を選ぶということだ。クラスのアイドルだった美少女が、学校一の劣等生と結婚する不自然さ。推察するに、彼女の目的は圧倒的な優位性の確保だ。のび太と結婚すれば、のび太は一生、自分を崇めてくれる。感謝してくれる。「かわいい」しか能のない、ほかにさしたる長所のない自分だが、のび太を伴侶とすれば、死ぬまで夫に対して優位性を保てる。非の打ちどころがなく社会的価値の高い出木杉が相手では、これがかなわない。自己研鑽を続けないと、出木杉は自分に見向きもしてくれなくなるからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』