>   >   > 【ノルウェイの森】文学的な男女交際の末路
連載
フィクションで解剖――オトメゴコロ乱読修行【20】

【『ノルウェイの森』】村上春樹が「やれやれ」ぼやく文化系の股間を熱くする文学的な男女交際の末路

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1612_inadas.jpg

 ここ数年、秋の風物詩といえば、村上春樹の「ノーベル文学賞とるとる詐欺」だが、今年も安定のスルー。そんな村上作品を1冊だけ読んでハルキストを気取りたいなら、とりあえず『ノルウェイの森』で間違いなかろう。1987年の書き下ろし長編で、同年の国内年間ベストセラー9位、翌年の2位。現在までに累計1000万部以上も発行されている、名実ともに村上の代表作だ。

 本作で提示され、村上の他作でも同工異曲的に繰り返される「心が壊れた女性を神聖視」「俗世にうまくコミットできない繊細なボクに自己陶酔」といった男性主人公の精神性は、現在のこじらせ文化系中年男子のそれと、ほぼ一致する。30年かけて1000万部を売った国民的文学作品の影響力には、ほとほと戦慄を禁じ得ない。

 物語は、37歳の「僕(ワタナベ・トオル)」が、主に大学時代を回想する一人称形式で進行する。簡単に言えば、精神を病んだ最愛の女性・直子に振り回された「僕」の青春時代を振り返る恋愛小説だ。直子を含む主要登場人物の多くが心を病んでいるか、自死を選ぶか、もしくは両方という、結構な鬱展開も特徴のひとつである。

 本作は、「僕」が直子を神聖な存在として崇め奉るラブストーリーだが、本連載的にはWヒロインとして登場する対照的なもうひとりの女性に注目したい。「僕」と同じ大学に通う女子大生・小林緑だ。緑こそ、我々を苦しめる、しかしついつい縁を結んでしまいがちな、「文化系男子ホイホイ女子」にほかならない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』